« 『まひるの散歩』 角田光代 新潮文庫 | トップページ | 星座早見 »

2016年3月22日 (火)

辛夷(こぶし)の花

ふれあい文化センターのアプローチに20本ばかりある辛夷の花が

満開になっていた。

春の陽に映えてその白さが際立つ。





          花辛夷空青きまま冷えてきし    長谷川 櫂

そういえば、まだ、なんとなくひんやりしている。



岡野弘彦の『花幾年』(牧羊社 昭和62年刊)をぱらぱらと捲っていたら、

「こぶしの花」の章にこんな会話があった。


          花の咲く順序って、今までぼんやり考えていたのとはずいぶん

          違っているんでびっくりしてしまうわ。こぶしも木蓮も、桜より早く

          咲くんですね。


若い女性のことばのなかに岡野は新しい恋人を得たのだろう、と推測している。

こまやかな自然への眼を開かせたのは他ならぬその恋人だろうと……






春は花の季節。

しばらくは、外歩きもたのしい。


昨夜の月も美しかったけど、

明日は満月なのね。



« 『まひるの散歩』 角田光代 新潮文庫 | トップページ | 星座早見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/64593072

この記事へのトラックバック一覧です: 辛夷(こぶし)の花:

« 『まひるの散歩』 角田光代 新潮文庫 | トップページ | 星座早見 »