« 『西日本女性文学案内』 西日本女性文学研究会 | トップページ | 満天星躑躅(どうだんつつじ) »

2016年3月31日 (木)

桜ばないのち一ぱいに……

岡本かの子の歌を口遊む。



        桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命(いのち)をかけてわが眺めたり

今日は午後よりあいにくの雨。

雨のなかのさくらも風情があっていい。





今日で三月が終わってしまう。

なんとあわただしい三月だったことか。





そういえば、過日は突発的な歌会に参加した。



いきなり歌を出すことになって狼狽えた。

総勢20名。無記名歌会だった。(巡りは若いひとばかり)

K さんの「音を外しているのにリズミカル」(評者)な、歌があったりして、

愉しかった。

この日の歌会でわたしは最高齢だったことを白状する。(違和感なかったけど~笑)





そんなこんなで、明日から4月。

ヤバイことにならないように、

ガンバラなくちゃ。

« 『西日本女性文学案内』 西日本女性文学研究会 | トップページ | 満天星躑躅(どうだんつつじ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/64745526

この記事へのトラックバック一覧です: 桜ばないのち一ぱいに……:

« 『西日本女性文学案内』 西日本女性文学研究会 | トップページ | 満天星躑躅(どうだんつつじ) »