« 歌集『それぞれの桜』 三枝 昻之  現代短歌社 | トップページ | 『幾千の夜、昨日の月』 角田光代  角川文庫 »

2016年5月 6日 (金)

ベニバナトチノキ(紅花栃の木)の花

ひどい降りになるのかと思ったけど、どしゃ降りにはならなかった。


JR千早駅より歩く。千早4丁目の交差点あたりの並木の3本のベニバナトチノキの

花が満開だった。ああ、今年も会うことができたんだなと、うれしい。



千早中公園の6本のベニバナトチノキの花はまだ4・5分咲き。

マロニエとアカバナトチノキを交配して作られたらしいこの花はこの頃、

街の並木としても植えられている。




西鉄電車の香椎宮前駅が右手に見えだしたら、その広場にはなんと10本くらいの

ベニバナトチノキが……

まだこの花を見たことがないかたは、いまが見頃ですよ〜




S さんよりメールが入る。

今日も熊本地震のボランティアで教室はお休みとのこと。

彼女はあの地震以来、実家が熊本ということもあってか、ボランティアに精出して

いる。「あまり無理しないでね。」と返信。

ほんとうに感心する。




この連休にわたしは眼が充血してしまった。

眼科に行ったら先生は「PM 2、5で゜しょ」と素っ気ない。

「先生、右目だけなんですが……」と言ったら、そんなひとが多いとか。

わたしって、そんなに「ひ弱」だったかなぁ〜と思う。

結局点眼液を2本いただき、これをしばらく注すことにする。




外出の際はサングラスをかけなければ……ならない。

« 歌集『それぞれの桜』 三枝 昻之  現代短歌社 | トップページ | 『幾千の夜、昨日の月』 角田光代  角川文庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/65346776

この記事へのトラックバック一覧です: ベニバナトチノキ(紅花栃の木)の花:

« 歌集『それぞれの桜』 三枝 昻之  現代短歌社 | トップページ | 『幾千の夜、昨日の月』 角田光代  角川文庫 »