« 歌集『華厳集』 櫟原 聰  砂子屋書房 | トップページ | ベニバナトチノキ(紅花栃の木)の花 »

2016年5月 5日 (木)

歌集『それぞれの桜』 三枝 昻之  現代短歌社

『上弦下弦』に続く、第12歌集。

一部と二部による構成で、一部は「現代短歌」に2013年9月より8回連載したものを

収め、二部には「りとむ」掲載作品を取捨選択して収めている。



       創刊号は四十二ページ「白樺」の百六十冊が窓辺に並ぶ

       高原の午後の光が届きたり白樺一樹一樹の幹に

       桜もち食めば幼きわれとなる無常をいまだ知らない春の

       おのこごが傘を抱えてわれを待つ二十五年前の新百合ヶ丘駅

       子が生まれやがて子が去りこの丘に積もる歳月三十二年

       神の来ぬ暮らしを生きて夕べにはえのころぐさの光に揺れる

       瞑想の百日紅(ひゃくじつこう)に戻りたりこうしてわれは歳月を積む

       キャンパスは銀杏若葉となりにけり季節は力、齢は力

       秋分や会いにゆきたき父母あれど浮き世の今日のため明日のため

       病弱の四男はこうして歌を詠み古稀へ三年の日々であります








1首目・2首目は、清春芸術村を訪ねた折りのもので、1首目は、清春白樺美術館

の窓辺だろう。「<白樺は一言一句贅文なし>青けれどよし大正の夢」とも詠まれて

いる。著者は山梨県立文学館の館長として、月に五回は文学館通いをするらしい。

文学館から足を伸ばせばそこには高原の白樺林が待っている。




このたびの『それぞれの桜』を読みながら、先ず感じたのは、<静謐>ということであった。

作品がざわざわしていない。1日1日をゆっくり味わい、いとしむように日々を過ごされて

いることが伝わってくることだ。




ことに4首目・5首目のような歌を読むと、今在ることの幸い即ちそれは日々の

積み重ねであることをつよくする。幼かった息子が傘を抱えて駅に迎えに来てくれた

こと、新百合ヶ丘に越して来て32年の歳月が積もったのだ。




8首目の「季節は力、齢は力」に、現実を肯定し、享受している姿勢を感じる。

きっと、老いてゆくことさえも、著者にとっては実りなのかも知れない。





9首目・10首目は、父母の墓参に行けない繁忙さが窺われる。

しかし「病弱の四男」だったのが、「こうして歌を詠み」生きていることは、

父母もだが、著者が何より幸せを確信していることだろう。


いずれの歌も難解なことば遣いや、奇を衒ったような表現は見当たらない。

作品1首1首の背後に著者の姿が、生きる姿勢が伝わってくるのが心地いい。

<誠実>な作品作りだなぁ、と思ったことである。

最後にわたしのもっとも好きな1首を。



       この丘と決めて二人は移り来ぬさねさしさがみと武蔵の境




                                平成28年4月刊   2500円(税込)

 

 

 

« 歌集『華厳集』 櫟原 聰  砂子屋書房 | トップページ | ベニバナトチノキ(紅花栃の木)の花 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/65322503

この記事へのトラックバック一覧です: 歌集『それぞれの桜』 三枝 昻之  現代短歌社:

« 歌集『華厳集』 櫟原 聰  砂子屋書房 | トップページ | ベニバナトチノキ(紅花栃の木)の花 »