« 歌集『日和』 沖ななも  北冬舎 | トップページ | 中国・大連へ ② »

2016年6月14日 (火)

中国・大連へ  ①

昨秋キャンセルしてしまったスペイン行きの埋め合わせの旅。

日程を調整し、ぎりぎり行けるところに落ち着く。






ああ、それにしてもアカシアの花は終っているし、勿論、アカシア祭りも

すんでしまっている。

街路樹のアカシアを仰ぎながら、今度来る時は5月にするんだと誓う。

(たぶん、来ることはないと思うけど?)






大連の街はわたしの想像していたより遙かに大都市だった。

高層マンションが建ち並び、一見すると摩天楼のような印象さえある。




しかし、空港もそうだったが、明りが落とされていて、暗く感じる。

ホテルとか飲食店も、いちように照明が暗い。

そして、何より飲食店などはクーラーを付けないことだ。

おしぼりも出さないし、取り皿なども最小限の枚数しか出さない。

徹底して、倹約していることが窺える。

大連の通貨は中国元である。

福岡空港で中国元に両替をした。

100元は約1626円  20元は約325円

他には、50元(813円)・10元(162円)・5元(81円)・1元(16円)・5角・1角とある。

ちなみに枕銭(いわゆるチップ)は、5元で十分らしい。


3連泊したホテルは「大連新世界酒店」の21階。

ホテルなのになんで「酒店なの」って聞いたら、ホテルのことを「酒店」と

表記するらしい。道理であちこちにこの「酒店」の看板やネオンが、

瞬いていた。

                                    つづく……



     

帰国したら、郵便物がたくさん届いていて、封をあけるだけでも大変(笑)。

メールもしかり。まだまだ返信も出来ずにいる。




嬉しいことがあった。

拙歌集『秋光記』 (ながらみ書房  2016年6月1日刊 2500円+税)のことを

ブログ「パオと高床」が取り上げてくれていたことだ。

                             (ありがとうございました。)



このブログには文学ムック「たべるのがおそい」も、取り上げられている。

 

« 歌集『日和』 沖ななも  北冬舎 | トップページ | 中国・大連へ ② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国・大連へ  ①:

« 歌集『日和』 沖ななも  北冬舎 | トップページ | 中国・大連へ ② »