« 中国・大連へ ④ | トップページ | 歌集『岐路以後』 近藤芳美  砂子屋書房 »

2016年6月19日 (日)

中国・大連へ ⑤

旅の最終日の夜は、「大連の夜雑技ショー」へ。

これはオプションで、1人260元(約4000円)。

今回の旅行者17名中、わたしたちを入れて4名のみの観劇であった。

260元が高いのか、安いのか?

日本の宝塚歌劇団とK大サーカスの技を合体したような演舞であった。



わたしたちが泊まったホテルの5階にはジムがある。

いちはやくそのジムに目を付けて「走りに行く」のは息子。

その間わたしは部屋で待機(苦笑)。

ジムに走りに行ったり、マッサージしたり、いやはや壮年の男の生態を垣間

見ることに……

旅に持参した『おまえじゃなきゃだめなんだ』(角田光代 文春文庫)もすでに

読んでしまったし、何して待てばいいんじゃ~






息子がやおら取り出したのは以下の本。

『面白いほど世界がわかる「地理」の本』高橋伸夫・井田仁康編著(三笠書房)

これを読んどきな、ってことか。



そんな、こんなで、ともかくこのたびの旅は大きなアクシデントもなく、

無事、福岡空港へ。






次回の旅は、生きていれば、来年(2017年)の秋?かな。


                             「中国・大連へ」、終わり



« 中国・大連へ ④ | トップページ | 歌集『岐路以後』 近藤芳美  砂子屋書房 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/66105586

この記事へのトラックバック一覧です: 中国・大連へ ⑤:

« 中国・大連へ ④ | トップページ | 歌集『岐路以後』 近藤芳美  砂子屋書房 »