« 『鳥肌が』 穂村弘  PHP研究所 | トップページ | 熱中症に注意 ! »

2016年7月30日 (土)

歌集『蜜の大地』小紋 潤  ながらみ書房

神田神保町に出版社「雁書館」があった。

そこの編集者であった小紋さんのことはよく覚えている。

冨士田さんが亡くなられて、雁書館も閉鎖された。

このたびの歌集『蜜の大地』を読了して、そのごの小紋さんに過ぎていった

歳月のことが思われた。








しかし、私的なことは凡そ、うたわれていない。

私的な事情は露わに詠み込まれていないだけに、あれこれと想像している。

静謐な時間の中で紡がれた歌は、格調高く、その調べのよさに酔ってしまう。

そして、歌の背後にただよう心は、孤独を帯びている。







    かなかなの終りの声ぞ悲しみを覆ふばかりに晩夏光聚む

    さんさんと散る椎の葉のもろごゑの われもまだ生きてゐるといふこと

    夕暮れはあなたの肩に光(かげ)ありてまだ残されてゐるわが生か

    南風(はえ)すぎて雨にうるほふ街が見ゆ雨傘色のこの世が見える

    一日は一日として過ごせよと風渉りきて芙蓉をゆらす

    わが歌とおもへば晶(すずし)神様の時間のやうな孤独のやうな

    草の茂る小道を通り夕焼けの向かうにいつかゆかうと思ふ

    まぎれなく夏の樹林のひとところ横向きに来るサシバの声は

    いつ来てもライオンバスに乗りたがるライオンバスがそんなに好きか

    捨て置かれ乗るもののなき三輪車きづなといふはいかなる時間




こうして、抄出するといっそう際立つのは、<死>であり<生>である。

7首目の「夕焼けの向かう」は、西方浄土のことかと、よけいなことを思って

しまう。

9首目、10首目の歌の小題は「お前のゐない動物園」であり、お前の居ない

動物園に作者は独り来て、お前のことを偲んでいるのだろう。

子恋いの歌であり、なんともせつない。

歌集の掉尾近くの小題「お前のゐない動物園」だけに、

よけいに感情移入してしまった。

そばに居ない子を思う親の心情は、わたしには身に沁みる。


 

                    覚書 谷岡 亜紀

                    解説 大口 玲子

                    帯文 佐佐木幸綱

                    2500円+税   2016年8月7日発行




« 『鳥肌が』 穂村弘  PHP研究所 | トップページ | 熱中症に注意 ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/66762335

この記事へのトラックバック一覧です: 歌集『蜜の大地』小紋 潤  ながらみ書房:

« 『鳥肌が』 穂村弘  PHP研究所 | トップページ | 熱中症に注意 ! »