« 『天使の涎』 北大路 翼   邑書林   | トップページ | 「八雁(やかり)」 2016年7月号 »

2016年7月 4日 (月)

博多祇園山笠 飾り山

今年はライオンズクラブの国際大会に合わせて、6月24日から

前倒しで披露されている飾り山。


博多駅前の飾り山を観てきた。

表が「猛将幸村夏之陣」人形師・生野四郎。

見送りの裏側は、「華丸・大吉のなんしょうと?」だった。人形師・田中勇。

二人の顔の特徴をよく掴んで作られた人形だった。

テレビ番組のタイトルと同じで、テレビでは、華丸さんと大吉さんが

「なんしょうと?」と、あちこちの街や町、村を訪ねてインタビューする

人気のある番組である。


相変わらず、博多駅構内は人が多い。






博多ジョイで、映画「嫌な女」を観てきた。

黒木瞳が初めてメガホンを取った映画で、同郷の吉田羊が主演を

していることでも話題を呼んだ作品。




吉田羊は、真面目な女弁護士・徹子を演じている。

天才的な詐欺師・夏を木村佳乃、同じ歳の従妹である。

徹子(吉田羊)は、いやだいやだと思いながらも、奔放な夏(木村佳乃)に

振り回され次第に感化されていく。



弁護士事務所のみゆき(永島暎子)が地味だが、好演していた。

徹子のもっとも良き理解者であり、声のトーンなどにあたたかみを感じた。








    

博多の街は15日の追い山までは「オッショイ、オッショイ」の掛け声で

賑わう。

そういえば、朝日川柳に、

「山笠のあって暫(しばら)く生きられる」(福岡県 吉原鐵志)

と、いうのが掲載されていた。わかるなぁ……

« 『天使の涎』 北大路 翼   邑書林   | トップページ | 「八雁(やかり)」 2016年7月号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博多祇園山笠 飾り山:

« 『天使の涎』 北大路 翼   邑書林   | トップページ | 「八雁(やかり)」 2016年7月号 »