« 『星雲』2016年9月号  「介護詠の現在」 藤島秀憲  | トップページ | 歌人・大島史洋&大島登良夫 親子 »

2016年9月 4日 (日)

昨日の夕焼け、今日の曇天

気がついたら9月もとうに4日になっていた。

2日は香椎の教室があり、3日は未来短歌会の福岡歌会だった。

台風12号の接近で、明日5日は幼稚園、小学校、中学校はすでに

休校が決まっている。




本日の15時50分の発表によると、台風12号は天草市の南西約90Kmを

北に移動中。今夜日付が変わる前後に九州北部に上陸するおそれが

あるらしい。(どうぞ、荒ぶることなく過ぎてほしいものだ。)



それにしても昨日の夕焼けは綺麗だった。

長い時間あかね色が消えずに残っていた。



大分産の栗を頂いたので、今日は「栗ご飯」を炊いた。





cat     cat
『台湾鉄路千公里』 宮脇俊三 角川文庫

『椰子が笑う汽車は行く』宮脇俊三 文春文庫

この2冊を読みながら台湾1周の汽車旅を考えているのだけど、何しろ

この文庫の宮脇が旅をしたのは、1980年(昭和55)と、その2年後なので

現在の台湾の鉄道事情とかけ離れていて参考になりそうにない。

台湾に行くことが出来るのか、わたしは。

 

« 『星雲』2016年9月号  「介護詠の現在」 藤島秀憲  | トップページ | 歌人・大島史洋&大島登良夫 親子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/67335937

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の夕焼け、今日の曇天:

« 『星雲』2016年9月号  「介護詠の現在」 藤島秀憲  | トップページ | 歌人・大島史洋&大島登良夫 親子 »