« 夜の子規庵 | トップページ | 「一首鑑賞 日々のクオリア」 砂子屋書房ホームページ  »

2016年9月20日 (火)

映画「怒り」

大好きな(笑)、綾野剛・松山ケンイチが出ている映画。

今日は街に出たので、そこそこに用事を済ませて観ることに。





得体の知れない3人の男。

新宿での直人(綾野剛)は、優馬(妻夫木聡)の部屋にころがり込む。

千葉の漁港で働く田代(松山ケンイチ)は、槙洋平(渡辺謙)の娘・愛子

(宮崎あおい)と仲が良くなる。

3人目の男、田中(森山未来)は沖縄の無人島で隠れ暮らしている。






この3人は、1年前に起きた夫婦殺害事件の犯人に特徴が似ている。

3人を取り巻く人たちを巻き込みながら、同時進行形に物語は進む。


直人(綾野剛)と優馬(妻夫木聡)の同居生活は……(??)

(綾野の、憂愁に満ちた立ち居振る舞いがとてもよく、また、似合っていた。

 この映画でより一層、好きさが増した。)

一方、千葉の漁港で働く田代(松山ケンイチ)の少年のような硬さ、の演技。

この2人を観られたことだけでもハッピーな映画だったともいえる。







沖縄で事件(事故?)が起きる。

少女・泉(広瀬すず)が、とんでもない凶悪な事件(?)に、

巻き込まれてしまうのだ。



広瀬すずが熱演していた。(泣いてしまった、胸がかきむしられるような

口惜しさ、悲しさだった。)




皆さんにお薦めの映画 !  !



cat     cat

丸善で『怒り』上・下巻の文庫を買ってしまうところだったが、

かろうじて我慢した。

頼まれていた『別冊太陽』も買えなかったことだし……

帰宅すると、たくさんの郵便物が届いていた。

« 夜の子規庵 | トップページ | 「一首鑑賞 日々のクオリア」 砂子屋書房ホームページ  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/67587107

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「怒り」:

« 夜の子規庵 | トップページ | 「一首鑑賞 日々のクオリア」 砂子屋書房ホームページ  »