« 『半人半馬』 野田光介歌集 短歌研究社 | トップページ | 『筒井富栄全歌集』 六花書林 »

2016年10月25日 (火)

『STORY BOX』 2016年11月号  小学館

書店でいただいたこの雑誌は初見。

ぱらぱらと捲っていたら、西川美和さんが執筆していた。

題して、映像クリエーターの制作ノート「永い言い訳」。





西川さんといえば映画監督であり、本木雅弘主演の「永い言い訳」の原作・

監督でもある。

数日前にこの映画を観たばかりだったが、彼女の文章を読みながら、

この映画の大きなテーマにわたしは気付いていたのか、いなかったのか、

気になってきた。






          本作には、ひとつの大きなテーマがありました。子どもが

          いないまま中年を迎える人間のことをきちんと描くことです。


わたしがブログに記した(10月22日)ことは、この「大きなテーマ」に触れる

ものであったか、あるいは、少しでもこのテーマに寄り添うものであったか

どうか ?






                      家族を作ることなく、この年齢になってくると、ある意味社会

          での身の置き場がなくなってくる。何のために生きている

          のか、あやふやになってくるんです。いつまでも子どもじみた

          自分のことを大丈夫かなと不安にも思うんですが、そんな

          人生経験のなさを逆手にとって、子どもがいない人間に

          とって世界がどう映るのかを描いてみようと決めたんです。







誠実なひとだなぁ、と思う。生きることに対して真摯というか、真面目なんだ。

子どもがいなくて、宙ぶらりんだと少しでも自覚しているひとがいたら、

この映画を観たらいい。





わたし自身、子どもはいるには居るが、いないような寂しさを感じる

こともある。

そういった人間もこの世の中には大勢いることだろう。






映画っていいな。

本っていいな。

と、しみじみ思う「秋の声」(季語)

 

« 『半人半馬』 野田光介歌集 短歌研究社 | トップページ | 『筒井富栄全歌集』 六花書林 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/68105126

この記事へのトラックバック一覧です: 『STORY BOX』 2016年11月号  小学館:

« 『半人半馬』 野田光介歌集 短歌研究社 | トップページ | 『筒井富栄全歌集』 六花書林 »