« ご報告③ &掲載情報 | トップページ | 第4回現代短歌社賞 発表 『現代短歌』2016年12月号 »

2016年11月13日 (日)

平尾誠二氏を悼む歌  朝日歌壇 2016年11月13日 

本日の朝日歌壇の平尾誠二氏を悼む歌に、注目した。

平尾誠二氏のファンがいて、こうして歌を捧げてくれている。

そして、選者の永田和宏氏、佐佐木幸綱氏の選評がラグビーへの愛に溢れ、

平尾誠二氏を哀悼するものであった。

      楕円球持ちし姿に哀愁を感じさせたるラガーが逝けり  

                              吉野川市 喜島 成幸

      かろやかにステップふんでかけぬける過去形はいやだ平尾誠二よ

                              神戸市   寺尾 隆志

      同志社の紺とグレーのジャージーが一番似合う平尾誠二は

                              八尾市   水野 一也

        平尾誠二があの若さで逝ってしまったのは、友人として、

        私には痛恨だった、哀悼。          評  永田 和宏





 

      ラグビーのトライのシーン映されて平尾誠二さん早過ぎる死

                              鳥取県 表 いさお




        十月二十日に五十三歳で他界した平尾誠二氏への挽歌。

         かつて、同志社大学、神戸製鋼ラガーチームのバックスとして

         活躍した。               評  佐佐木幸綱






cat      cat

偶々、平尾剛氏の「コラム 住ム フムラボ」に気付いたのが昨日。

第11回のタイトルが「恩人の死」だった。

亡き平尾誠二氏との関わりを回想している文章だったので、

プリントアウトした。

連れ合いの机の上に置いていたら、帰宅したら真っ先に読んでいた。

 

« ご報告③ &掲載情報 | トップページ | 第4回現代短歌社賞 発表 『現代短歌』2016年12月号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/68405691

この記事へのトラックバック一覧です: 平尾誠二氏を悼む歌  朝日歌壇 2016年11月13日 :

« ご報告③ &掲載情報 | トップページ | 第4回現代短歌社賞 発表 『現代短歌』2016年12月号 »