« 空が、雲が、夕焼けが… | トップページ | 『前川佐重郎歌集』 現代短歌文庫 砂子屋書房 »

2016年12月 9日 (金)

歌集『祭囃子の音』 野澤民子  六花書林

音短歌会に入会して20年になる著者の第1歌集。

歌集名は「祭り好きの父の三七日響きいし祭囃子に背を押されたり」から

とられている。






      病院に母を見舞いて泪橋から日暮里行きのバスに乗りたり

      羽根のごと緑の細茎茂り合うアスパラガスは雨に濡れ立つ

      見上ぐれば千の瞳がわが顔を凝視するごとえごの花咲く

      露草のスラリ四、五本咲き初むる江戸紫は助六の色

      白孔雀ふっさり咲ける真昼間を移動図書館さみどり号来る

      未だ知らぬゾクッと身内に走るもの後方支援の艦出航す

      この国に自死する子増え取れすぎの白菜大根潰されてゆく

      茶の花の白き五片(いつひら)黄の蕊を児を抱くようにふっくら包む

      ひまわりも被曝するのは嫌だろう土の浄化に蒔かれたれども

      路地裏を俄雨過ぎ雫する〈隅田の花火〉白く艶めく





集中、植物ことに花を詠んだ歌に注目した。


2首目、収穫したあとのアスパラガスの羽根のような緑の葉。「羽根のごと」が

     言い得ている。


3首目の可憐な白いえごの花。その花を見上げていると、凝視されている

    かのように感じるのだろう。


4首目は、露草の花の色を江戸紫といい、それは「助六の色」だとも。


5首目は、白孔雀の花と移動図書館の取り合わせが効果的。移動図書館の

      名前が「さみどり号」というのもいい。


8首目の茶の花は、花の中心にある蕊が黄色で、まるで白い花びらが

    抱くように包んでいると捉えたところ。


9首目では、人間の都合で土を浄化するために蒔かれたひまわりを思い

    遣っている。被曝した土を養分にして育っていくひまわり。ひまわりの

    身にもなってごらん、と。遣るかたない怒りが。


10首目の歌の〈隅田の花火〉はあじさいの名前である。白い小花の集まりが

     まるで花火のような愛らしい紫陽花である。花好きな人の欲しがる

     品種でもある。




以上、花の歌ばかり挙げてしまったが、6首目・7首目のような社会に向けた

眼。生活をだいじにしているが故にそういったことを敏感に感じるので

あろう。そのことは、とてもたいせつだと思う。日常に埋没してしまうのでは

ない、作者の理知は尊い。





なお、内藤明氏が懇切な跋文を書いている。



そして、武川忠一氏が存命であられたらこの『祭囃子の音』を誰よりも

慶んでくれただろう。






                     2016年10月21日  2200円 税別

 

  

« 空が、雲が、夕焼けが… | トップページ | 『前川佐重郎歌集』 現代短歌文庫 砂子屋書房 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/68778647

この記事へのトラックバック一覧です: 歌集『祭囃子の音』 野澤民子  六花書林:

« 空が、雲が、夕焼けが… | トップページ | 『前川佐重郎歌集』 現代短歌文庫 砂子屋書房 »