« 去年より今年へ | トップページ | 未来福岡歌会(新年歌会) »

2017年1月 6日 (金)

映画「この世界の片隅に」

お正月についに観に行った。(原作・こうの史代)

アニメは今まで一度も観たことがない。

初体験のアニメ映画だった。

映画館がこんなに混んでるとは……

それでもどうにか席はとれた。

ザ・フォーク・クルセダ―ズの「悲しくてやりきれない」の曲が哀愁を

帯びて流れる。

画面、やわらかなタッチの絵が実にいい。

絵が得意だった少女・すずが広島の呉に嫁ぎ、

日に日に戦争の色濃くなる中での不如意な生活ながら、すずの

明るさと素直さがいとおしく感じられる。






すずの声を演じているのは、女優ののん(旧・能年玲奈)。

彼女の甘ったるい声がすずのキャラを充分に生かしている。



姪っ子と外出中に空爆に遭い、死なせてしまう。

そして、すずも右腕を失くす。

いよいよ戦局は不利になる一方で……8月へとなだれ込む。

「わたしはここで生きてゆく」

すずのけなげな声が耳に残る。








cat      cat

久々に聴いた「悲しくてやりきれない」。

帰宅して花田先生コレクションのザ・フォーク・クルセダーズを聴く。

「青年は荒野をめざす」もいいけど、わたしは「イムジン河」がいちばん好き。





それは、そうと、予告編で観た中島みゆきConcert 「一会(いちえ)」を観に

行きたくなったよ。え、2500円だって ?

« 去年より今年へ | トップページ | 未来福岡歌会(新年歌会) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/69131334

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「この世界の片隅に」:

« 去年より今年へ | トップページ | 未来福岡歌会(新年歌会) »