« 2017年 「未来」 新年会 | トップページ | 『とりつくしま』 東 直子  ちくま文庫 »

2017年1月18日 (水)

毎日文化教室(新年会)

恒例になった新年会はホテルのレストランの個室。

ここは見晴らしがよく、手入れされたお庭が見える。

先ず全員揃ったところで写真撮影。





ワインと梅酒で乾杯。(昼間からワインを飲むと酔ってしまう私は梅酒。)

創作ディナーコースだったのか、お料理も手が込んでいて美味しい。

美味しさの前に眼福満点。


      先付は、胡麻豆腐

      旬菜は、9種類が美しく盛られ、梅の花と楪が添えられている。

      (菜の花辛し和え・柚子なます・鯛寿司・鰤柚庵焼き・海老芝煮 他)



      汁は、真丈とほうれんそうの清汁仕立て これは海老と水引人参。

      向付は、お造りのあしらい一式。

      煮物は、蕪・穂付筍・スナップ豌豆 他

      メインは、銀鱈柚庵焼き

      止肴は、チーズ茶碗蒸し(蟹身と銀餡)

      御飯は、じゃことかりかり梅の釜飯。





      デザートと珈琲をいだだき、この上ないしあわせな気分に。

      生きていることに感謝、生きていられることの幸いを思う。



と、優雅な少しばかり贅沢な時間を過ごしたが、実はこの新年会の日を

間違えていたのはわたし。

11時過ぎにKさんから電話があった。


      「今、どちらにいらっしゃいますか?」

                         「え、自宅ですが…」



      「今日は新年会で、西鉄久留米駅に11時集合ですが……」

                         「明日の水曜日じゃあないの?…」

と、言ったところで思い出した。

レストランが水曜日はお休みなので、火曜日に繰り上げたのだった。

西鉄久留米駅に集合して、タクシーに分乗して行くことに決めていたっけ。






さあ、大変ということで、大あわてで家を飛び出した。

最寄りの駅は普通電車しか停まらない。

急遽、博多駅まで逆戻りして、特急に飛び乗った。

乗ったのはいいが、長崎行きだったので、鳥栖で降車し乗り換え。

久留米駅からタクシーで約束のホテルへ。






もう、新年早々、みんなから笑われた。

しっかり者の?わたしのチョンボが可笑しい、可笑しいと。

たぶん、来年の新年会でもからかわれるだろうな。





しかし、火事場のバカヂカラみたいに、自宅から1時間弱で久留米の会場

まで駆けつけるわたしはスゴイ。(笑)

                         スゴクないですか?


 

 

« 2017年 「未来」 新年会 | トップページ | 『とりつくしま』 東 直子  ちくま文庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/69282215

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日文化教室(新年会):

« 2017年 「未来」 新年会 | トップページ | 『とりつくしま』 東 直子  ちくま文庫 »