« JR 鹿児島本線 | トップページ | 『イラストで楽しむ 日本の七十二候』 中経の文庫 »

2017年1月29日 (日)

映画「沈黙ーサイレンス」 原作 遠藤周作

マーティン・スコセッシ監督、遠藤周作原作の映画。

キリシタン弾圧が厳しかった17世紀。

江戸幕府による取り締まりは目を覆いたくなるような、残忍なものであった。

そんな時代にも関わらず、ひそかに「隠れて祈る」ひとたちは居た。

隠れキリシタンの里でもある長崎の外海町。

そして,五島。





圧力に屈して棄教するキチジロウ(窪塚洋介)。

宣教師のロドリゴも弱い者が苦しむのに耐えきれず「転ぶ」。

重いテーマであり、悲劇的な結末となる。

ただ、救いはロドリゴが荼毘にふされるときに、その胸に十字架を

隠れて抱かせたのは日本人の妻だった。見つかればどんな仕打ちが

待っているかもわからないのに。


             主よ あなたはなぜ

             黙ったままなのですか




映画のなかでのことばが残響のように耳底にある。



☆     ☆

2009年秋、日本歌人クラブ 全九州短歌大会の翌日、

わたしは数人の歌人と外海を訪れた。

海は碧く澄み、遠藤周作の碑文のことばが悲しかった。




             人間が

             こんなに

             哀しいのに

             主よ

             海があまりにも

             碧いのです       遠藤 周作

« JR 鹿児島本線 | トップページ | 『イラストで楽しむ 日本の七十二候』 中経の文庫 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/69414333

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「沈黙ーサイレンス」 原作 遠藤周作:

« JR 鹿児島本線 | トップページ | 『イラストで楽しむ 日本の七十二候』 中経の文庫 »