« 『新輯(しんしゅう)けさのことばⅦ』 岡井隆  砂子屋書房 | トップページ | 『現代短歌』 二人五十首のこと »

2017年2月15日 (水)

生誕140年 吉田 博 展    久留米市美術館

1876年~1950年の吉田博、生誕140年を祝い、代表作を含む230点を展示。

吉田博は福岡県久留米市生まれ。少年時代を浮羽郡吉井町にて過ごす。



明治27(1894)年に上京。明治32(1899)年には、片道切符で渡米。

デトロイト美術舘で作品を発表して成功をおさめる。………と、

経歴をなぞってみたものの、全く吉田博のことを今迄知らなかった。





今回、230点からなる展示作品を観賞。

明治の頃の日本の風景を描いた水彩画、雄大な高山を描いた油彩画。

そして、大正後期からの木版画など。6会場(室)に渡り、圧巻であった。





「絵の鬼」と呼ばれた吉田博。その描く絵は自然への真摯なまなざしが

感じられ、日本的情緒が香りたつ。遠い記憶の底をゆさぶるような明治の

日本の風景だった。






わたしは木版画の「帆船」の前に立ち止まった。

立ち止まり、そこから動けないくらいに魅了された。

「帆船 朝日」・「帆船 日中」・「帆船 夕日」と3枚の絵が並べて、掲げられて

いた。3枚とも同じ構図なのだが、光のグラデーションによって全く違う世界を

見るようでもあった。それは、緻密な計算のもとでのものか。或いは吉田博の

感性のなせる技なのか……そんなことを思いながら、立ち去り難かった。






出身地・久留米では初の回顧展というだけあって、入館者がとても多かった。

今日はお天気もよくて、コートを着ていると汗ばむほどだった。



      [前期] 2017年2月4日~26日  [後期]2月28日~3月20日

       福岡県久留米市野中町1015  会場 久留米市美術館

                   

« 『新輯(しんしゅう)けさのことばⅦ』 岡井隆  砂子屋書房 | トップページ | 『現代短歌』 二人五十首のこと »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/69613553

この記事へのトラックバック一覧です: 生誕140年 吉田 博 展    久留米市美術館:

« 『新輯(しんしゅう)けさのことばⅦ』 岡井隆  砂子屋書房 | トップページ | 『現代短歌』 二人五十首のこと »