« 木の芽ただ萌ゆべきものか萌えにけり  加藤楸邨 | トップページ | 『狂うひと』 梯久美子 新潮社 »

2017年2月28日 (火)

『新潮』 2017年3月号

瀬戸内寂聴さんと、梯久美子(かけはし・くみこ)さんが対談をしていた。

「ふたりの『狂うひと』ーー島尾敏雄とミホの闘い」。

これを読んだら、ますます梯久美子さんの『狂うひと』ーー「死の棘」の妻・

島尾ミホーーを、読みたくなった。

3000円もするのであきらめていたのだけど。

読売文学賞も貰ったことだし、「本当に狂っていたのは妻か夫かーー」なんて、

興味津津。







この対談の中で、注目したのは、

評伝小説を書く梯久美子さんに対して、島尾夫婦の息子である島尾伸三氏が

言った言葉「きれいごとにしないでくださいね」が、印象深い。梯さんはその

言葉が評伝を書く際のほんとうに力になりました、と語っている。





私小説は、「ここまで書くのか」と思われるところまで書くというのが大事で

自分を良く見せてはいけない、と寂聴さんは語っている。



やっぱり、買うわ。




ところで、

『週間朝日』の3月3日号に永田和宏さんがグラビアに登場して

いた。創刊95周年記念特別号なのだけど、「週間朝日様 九十五周年

おめでとうございます 永田和宏」の色紙を持って、にっこりしていた。

永田さんって、歌壇だけの世界でなく、あちこちで話題になる。

ノーベル賞受賞者や、ラグビーの選手や、その友人関係も幅広い……

« 木の芽ただ萌ゆべきものか萌えにけり  加藤楸邨 | トップページ | 『狂うひと』 梯久美子 新潮社 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/69759051

この記事へのトラックバック一覧です: 『新潮』 2017年3月号:

« 木の芽ただ萌ゆべきものか萌えにけり  加藤楸邨 | トップページ | 『狂うひと』 梯久美子 新潮社 »