« 桜始開(さくらはじめてひらく) | トップページ | 『無名鬼の妻』山口弘子 作品社 »

2017年3月26日 (日)

「磁場」 臨時創刊 村上一郎追悼特集号

サクラの季節になると村上一郎氏のことが頭をよぎる。

ことしはことに。




それというのも、山口弘子さんの『無名鬼の妻』(作品社)が届いたため

でもある。この書を読む傍ら、書棚から引っぱり出して、追悼特集号を

予習(復習)みたいに読んでいる。






「磁場」の村上一郎追悼特集号(昭和50年5月25日発行)、「無名鬼」の

村上一郎追悼号(昭和50年10月29日発行)といずれも今では貴重な冊子で

ある。以下の文章は「磁場」より。



       村上一郎さん。今日私は、あなたから娘に頂いた綿シャツを娘に

      着せ、海の見える丘に桜狩に行きました。繚乱の桜は白く煙り、私

      は一人焼酒を煽りつづけました。春の嵐に散華する桜に、鳥は啼

      き、魚たちはしずかに墨いろの泪を流涕(なが)すのに、私はあなた

      の名を呼ぶことも忘れ、赤と紺の縞の、娘のシャツのうごめきを、

      私の眸は、いつまでも追っていました。ありがとう、村上一郎さん。

         おやすみなさい。

                            出会い   岡田 哲也







岡田氏の文章に釘付けになったのは、この文章の冒頭、枕のあたりの次の

言葉であった。そこにはわたしが読んだ時に付けたラインが引かれてあった。





      --略 しかし、私達は人前で語りたがった。人に手柄を押売り

      した。つまり私達は、とりわけ私は、当時野心溢れた、申分なく

      傲慢な、いぢけた、どこにでもいるような文学青年の一人だった。

      --略








当時の青年を、自分自身を、怜悧に分析している。

いつの時代も〈文学青年〉は存在する。岡田氏はこうも書いている。

村上一郎氏との七年余の関係は、私に養生を教え、文学のかなしみを

教えて呉れた。」



この「磁場」には、いろいろなかたが追悼の文章を書いているが、歌人では

岡井隆、山中智恵子、百々登美子、馬場あき子氏らが寄せている。


1975年3月29日、文芸評論家であり、歌人でもあった村上一郎氏は、

日本刀による右頸動脈切断により自死。享年54歳であった。

氏はいま小平霊園に眠っている。






御影石に「風」と刻まれた墓碑。

お参りしたのは遠い遠い日のことである。





今年の祥月命日には、山口弘子さんの『無名鬼の妻』をこのブログで

紹介したい。

 

« 桜始開(さくらはじめてひらく) | トップページ | 『無名鬼の妻』山口弘子 作品社 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70056519

この記事へのトラックバック一覧です: 「磁場」 臨時創刊 村上一郎追悼特集号:

« 桜始開(さくらはじめてひらく) | トップページ | 『無名鬼の妻』山口弘子 作品社 »