« 温泉へ | トップページ | 『木俣修のうた百首鑑賞』 外塚 喬  現代短歌社選書 »

2017年4月19日 (水)

ハナミヅキ&藤の花

久留米まで往還。

久留米の街は、真っ赤な久留米躑躅が花盛りだった。

本日も良い日和なり。




沿線の藤の花をたのしみ、咲きはじめたハナミヅキの花を仰ぐ。

ハナミヅキは好きな花の一つで、いずれの歌集にも収めているような

気もしないではないが、とりあえず、1997年刊行の歌集から。





     那珂川(なかがは)のむかうが博多はなみづき咲く西中洲水上公園

     ひるがへり咲く花水木いつさいのことは忘れてかうべをあげよ

     夕風にふるふるそよぐはなみづき眼裏(まなうら)にあり眠らむとして

                     『ひかり凪』(ながらみ書房刊) miyoko


福岡は、那珂川を挟んで博多区と福岡にわかれる。

JRには、福岡駅はなく、「博多駅」である。

福岡駅があるのは、西鉄電車の「福岡駅」で、天神が始発になる。

1首目の歌は、当時は水上公園に花水木があったのだが、数年前に行ったら

なくなっていた。







あ、そうそう、久留米市内の池町川の両岸の八重桜が見頃だった。

濃いピンクのさとざくら(関山)で、花びらが風に舞い、池町川に散ってゆく。

この川は街川なのだが水が澄んでいて、流れが透明である。

桜の樹下には、ところどころにベンチが置かれている。

散策をするのに打ってつけの場所である。

この八重桜は何本くらいあるのだろうか。八重桜の並木道だ。








cat      cat

本日、特定健診結果報告書を受け取った。

「生活習慣の改善を心掛けて下さい」と2項目について記されていた。

やっぱりねぇ~と、慄いている。



「生活習慣の改善……」って、そもそも、わたしに「生活習慣」って、

あったの?

この「生活習慣」は、ワルイ「生活習慣」なのね。

                             〈改善〉できるのだろうか?

« 温泉へ | トップページ | 『木俣修のうた百首鑑賞』 外塚 喬  現代短歌社選書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70311045

この記事へのトラックバック一覧です: ハナミヅキ&藤の花:

« 温泉へ | トップページ | 『木俣修のうた百首鑑賞』 外塚 喬  現代短歌社選書 »