« ハナミヅキ&藤の花 | トップページ | ソーセージを章魚(たこ)の形に… »

2017年4月21日 (金)

『木俣修のうた百首鑑賞』 外塚 喬  現代短歌社選書

木俣修の薫陶を受けた一人として、著者なりの木俣修像を描き出す

ことができたら……と、「あとがき」に記す。

人口に膾炙した作品ではなく、著者自らがこころ惹かれた作品を選んで

鑑賞している。

木俣修が亡くなったのは、1983(昭和58)年、4月4日だった。

すでにあれから30数年の歳月が過ぎている。

著者が編集発行する歌誌「朔日」に、2014(平成26)年5月号より連載を

はじめ26回で完結した「木俣修のうた百首鑑賞」である。






木俣修といえば、『昭和短歌史』の人という、印象が強い。

その緻密な短歌史のお世話になった人も多いことだろう。

作品よりも論客としての印象が強いのも前記『昭和短歌史』の著書の

所以でもあろう。






この百首鑑賞本は、とても丁寧であり、100首鑑賞とはいえ、引用されて

いる歌は260首程に及ぶ。この1冊を読めば、木俣修の全体像が理解できる

書となっている。






100首の歌を巻頭に並べ、集中に引用された260首程の歌は巻末に一覧

出来る。そして、年譜も付いているのは研究者にとってもありがたいのでは。

    来むとしは一つまとめたき仕事ありそれ以外には思ひ及ばず

                             『昏々明々以後』

     掲出歌は、最後に残された九首のうちの一首である。修は、四月

    四日、慶應義塾大学病院において腎不全のために七十六歳の

    生涯を閉じている。亡くなってから家族が紙片に書き残していた歌を

    発見している。ーー略


著者の外塚自身は「一つまとめたき仕事」を成して、こころ安らかにいる

ことであろう。

木俣修の歌といえば、わたしは5月になると以下の歌が思い出される。






    リラの花卓(つくゑ)のうへに匂ふさへ五月(さつき)はかなし

    汝(なれ)に会はずして








                     2017年4月21日発行 2000円+税


    

 

« ハナミヅキ&藤の花 | トップページ | ソーセージを章魚(たこ)の形に… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70327523

この記事へのトラックバック一覧です: 『木俣修のうた百首鑑賞』 外塚 喬  現代短歌社選書:

« ハナミヅキ&藤の花 | トップページ | ソーセージを章魚(たこ)の形に… »