« 「二十年後のわれもかくあれ」 | トップページ | 『ポケットに物語を入れて』 角田光代 小学館文庫 »

2017年4月26日 (水)

ベニバナトチノキ(紅花栃の木)の花

雨のなかを傘をさして歩いてきた。

那珂川の水が滔滔と流れている。

土手の桜も葉桜となり、雨に濡れて艶やかである。




那珂川の橋を渡ると南区清水。

ここまで歩いても1キロちょっと。

生活習慣病を改善するには、これくらいではダメだろう。




大型スーパーに寄り、ちょっと買物。

帰りに違う道を通ったらベニバナトチノキの花が咲いていた。

背伸びして写真を撮る。




そういえば、この花はパリのシャンゼリゼの街路樹としても有名?

パリではマロニエと呼ばれている。





桐の花のように上を向いてすくっと咲いている。

ベニバナと名前が付くように花の色は紅色。

大名の西鉄グランドホテル(天神西通り側、角)で見かけたのが、

いちばん最初だった。もう何年前かしら。

メイ・ストームのなかで花が強風に煽られていた。





この2・3年は香椎の千早並木通りの花をたのしみにしている。

« 「二十年後のわれもかくあれ」 | トップページ | 『ポケットに物語を入れて』 角田光代 小学館文庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70385027

この記事へのトラックバック一覧です: ベニバナトチノキ(紅花栃の木)の花:

« 「二十年後のわれもかくあれ」 | トップページ | 『ポケットに物語を入れて』 角田光代 小学館文庫 »