« 『泣く大人』 江國香織  角川文庫 | トップページ | 「いもとようこの世界」 上野の森美術館 »

2017年5月24日 (水)

『アカシヤの大連』 清岡卓行 講談社文芸文庫

5月の雨のあと、いっせいに花が開いて、甘い芳香を放つアカシアの花。

その花は大連の街路樹ともなっている。

正式名はニセアカシア。

アカシアの中国名は「槐花(ファイファ)」と呼ばれる。






昨年の6月に大連を訪れたのだが、その時はすでにアカシア祭りもすんで、

残り花さえもなかった。

アカシアといえば、すぐに思い出されるのが、清岡卓行の『アカシヤの大連』。

書棚にあるのはわかっていたが、小さな字で結構分厚いので再読するのを

ためらっていた。

1年ぶりの旅で飛行時間が長いのでその文庫を持参した。





清岡卓行は、1970年第62回芥川賞を受賞している。

2006(平成18)年、6月5日、肺炎で死去、83歳であった。








        それは、彼にとって、生れて何回目かに経験する、大連の

        アカシヤの花ざかりの時節であっただろう。彼は、アカシヤの

        花が、彼の予感の世界においてずっと以前から象徴してきた

        ものは、彼女という存在であったのだと思うようになっていた。



日本の植民地大連で生れた彼女と自分。大連に住んでいた殆どの

日本人、20万人が祖国に引き揚げたあとも大連に残り、無名の生活を

慈しんでいるように見えるということ。いわば、運命の共同の中で彼女への

思慕に傾いていく。






        アカシヤの花が散らないうちに、あの南山麓の山沿いの長い

        舗道で、遠くにかつての自由港がぼんやりと浮かぶ夕ぐれ

        どきに、と彼は思った。






彼女にプロポーズする時は、「アカシヤの花が散らないうちに、あの

南山麓の山沿いの長い舗道で……」、

なんともロマンチックで抒情的なことか。


                   昭和63年2月 第一刷    定価 760円









cat      cat

昨年の6月9日〜12日に大連を訪れた。

その時の宿題?の『アカシヤの大連』を、読む機会に恵まれた。

このたびの、ヘルシンキまでの飛行中に読むことができたのは

幸いであった。

機内食を2回とったものの眠気に襲われず、読了。

« 『泣く大人』 江國香織  角川文庫 | トップページ | 「いもとようこの世界」 上野の森美術館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70656870

この記事へのトラックバック一覧です: 『アカシヤの大連』 清岡卓行 講談社文芸文庫:

« 『泣く大人』 江國香織  角川文庫 | トップページ | 「いもとようこの世界」 上野の森美術館 »