« 『アカシヤの大連』 清岡卓行 講談社文芸文庫 | トップページ | アクアパーク品川 »

2017年5月30日 (火)

「いもとようこの世界」 上野の森美術館

繊細でほっこりするような柔らかな色彩の「いもとようこ」の絵は、

誰でも一度は見たことがあるだろう。

貼り絵に着色するという技法がとりいれられている。

原画の展覧会は、パリ展、ボローニャ展に次いでの開催。

日曜日の上野は沢山の人出。

どこからこんなに人が湧いて来るのだろうと思いつつ会場へ。

チケットは栞になっていて4種類から選べる。

わたしは『ねこの絵本』(講談社)のネコの栞をゲット。

2匹のネコが並んで寝そべっている可愛い絵。

栞は紙質でなく、アクリル製?なので、長~く使えそう。

「おむすびころりん」・「おやゆびひめ」・「ブーのみるゆめ」など、いずれも

なつかしいという感情と共に観賞した。

親子連れがさすがに多かったが、わたしのように齢を重ねて、

絵本の絵に会いたくて足を運んだ人もいることだろう。


出口近くのショップも大勢の親子連れ。

買いたい絵本が手に届かないような、そして、レジにも長蛇の列。

かろうじて、『画集 いもとようこの世界』( 金の星社 初版 2009年7月)を

1冊購入。みなさん、2冊も3冊も絵本を買われていた。

なんだか、こころが豊かになったみたいで美術館をあとにした。

にぎやかな声がする方に向かうと、法被姿の男たちの掛け声がする。

湯島天神の五月大祭とかで、お神輿が出ていた。

「黒門町」や「元黒」の法被の背中文字。

やっぱり、お祭りはいい。

幼い子どもたちの祭りの衣裳も可愛らしかった。

     

東京から送ったトランクが午前中に届いた。

わたしは、手ぶらで1日東京で遊んだのだ。

洗濯しなくちゃ。(笑)


« 『アカシヤの大連』 清岡卓行 講談社文芸文庫 | トップページ | アクアパーク品川 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いもとようこの世界」 上野の森美術館:

« 『アカシヤの大連』 清岡卓行 講談社文芸文庫 | トップページ | アクアパーク品川 »