« ⑥ モンセラット(のこぎり山) | トップページ | 映画「追憶」 »

2017年5月20日 (土)

⑦ 「ひまはりのアンダルシアはとほけれど……

……とほけれどアンダルシアのひまはり」

永井陽子さんの短歌をわたしは何度つぶやいたことだろう。





        ひまはりのアンダルシアはとほけれど

        とほけれどアンダルシアのひまはり          

                      永井陽子『モーツアルトの電話帳』






一昨年の秋にする筈だった旅、その旅は義母が重篤になり、やむなく

キャンセルしたのだった。

永井さんの歌をつぶやくたびに、胸がせつなくなった。

彼女もアンダルシアに行きたかつたのではないかと……

それから1年と半年、待って待って、ようやくスペインへ行くことができた。






世界3大美術館のひとつプラド美術館、ゴヤやエル・グレコの絵画。

ピカソの代表作「ゲルニカ」を所蔵するソフィア王妃芸術センター。

フラメンコショー。





行きたいところ、観たいもの、じっくりと鑑賞したいもの、

その殆どの夢は叶った。

御天道様もわたしに味方(笑)してくれて、8日間の旅の間中、五月晴れが

続いた。





思えば、アンダルシアのひまわりは見ることができなかったけど、

5月7日、ヘルシンキで飛行機を乗り継ぎ、マドリッドに着き、

ホテルに向かった。

そして、翌日からの観光の車窓から見えたのは真っ赤な雛罌粟(ポピー)の

群落だった。





      ああ皐月(さつき)仏蘭西(フランス)の野は火の色す

      君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ)

                         与謝野晶子 『夏より秋へ』






晶子はフランスだけど、雛罌粟の群落はスペインを移動する旅の車窓より

いつも見えた。ほんとうに火の色のような赤さだった。

畑の中に、畑の畦に、群落をなしているのがうれしかった。





いまも風に揺れている雛罌粟の花が目に浮かぶ。

« ⑥ モンセラット(のこぎり山) | トップページ | 映画「追憶」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70613253

この記事へのトラックバック一覧です: ⑦ 「ひまはりのアンダルシアはとほけれど……:

« ⑥ モンセラット(のこぎり山) | トップページ | 映画「追憶」 »