« 昂然と泰山木の花に立つ  高濱虚子 | トップページ | 映画「結婚」 »

2017年6月26日 (月)

柘榴忌(鶴逸喜忌) 逝きて40年

「お前は当然、角川賞をもらってもよかったんだと」と、寺山修司が憤慨(?)

したという、鶴逸喜の第6回角川短歌賞を逸した件は今でも語り草に

なっている。





昭和35(1960)年、第6回角川短歌賞は、稲葉京子の「小さき宴(うたげ)」と、

深井芳治の「麦は生ふれど」が受賞した。

鶴逸喜の「火焔樹」は、候補で作品50首が『短歌』に掲載された。

当時の選考委員は、五島美代子・前川佐美雄・木俣修・佐藤佐太郎・宮

柊二・近藤芳美の6名であった。





受賞するか、落選するかなどは、時の運(?)みたいなものもあるとは思うが、

それにしても本人は残念だったに違いない。

「ぼくの名前は喜びを逸する、だからね」などと、笑いながら後年語っても

いたが……



     

        みずからの食器みずから煮る夕べ風募りゆく篁(たかむら)の音

        盛りあがり峡の若葉は日々鮮(あたら)しなべてを耐えて生き

        来ぬ、戦後

        敗兵の日の記憶にて血を吐きし瞳(め)に涯もなき海原の紺

        熱募りくる午後にしてまどろめばまぼろしの中揺らぐ火焔樹

        背骨ゆがむまでに幾たび手術してなお生きゆくは醜きに似る

                    『火焔樹』(葦書房 昭和52年12月刊)

鶴逸喜さんは、昭和52年6月26日、熊本で客死した。

亡くなる2週間前にわたしは大学ノート25冊ぐらいの歌稿を預かった。

第1歌集から第3歌集くらいまでの歌数があり、その積もりで整理するように

頼まれたのだ。

宿泊先のホテルよりの電話で知った鶴さんの死。

その時の衝撃は今でも思い出すとからだが震えてくる。

    (預かった大学ノートをもとに、急遽仲間たちと編んだのが遺歌集と

     なってしまった。)







あれから、40年の歳月が過ぎた。

わたしにも人生上の蹉跌があった。

だが、わたしはこうして、生きている。

鶴さんが願ったように「どんなことがあっても歌は捨てなさんな」を

守っている。






昨年の5月にはつれあいとベトナムへ旅をした。

そのベトナムで「火焔樹」の花を見ることができた。

わたしのいちばん見たかった花。

鶴さんが「まぼろしの中揺らぐ火焔樹」と、うたった火焔樹の花を

何度も何度も仰ぐことができた。

(今、わたしのPCのデスクトップの背景には〈火焔樹〉の花が…)


そして、「牙」(昭和54年6月1日発行 №66)の、「鶴逸喜三回忌特集」を

繙いている。この「遺歌集『火焔樹』評」の座談会は読み応えがある。




                          2017年6月26日 祥月命日に

« 昂然と泰山木の花に立つ  高濱虚子 | トップページ | 映画「結婚」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70966818

この記事へのトラックバック一覧です: 柘榴忌(鶴逸喜忌) 逝きて40年:

« 昂然と泰山木の花に立つ  高濱虚子 | トップページ | 映画「結婚」 »