« 夏至、夜の見学「博多工場にいってみナイト」 | トップページ | 柘榴忌(鶴逸喜忌) 逝きて40年 »

2017年6月22日 (木)

昂然と泰山木の花に立つ  高濱虚子

本日、車窓より見た泰山木の花。

この花は遠くからでもすぐに目につく。

むしろ木の真下からのほうが花は見づらいかもしれない。

大きな白い花で、厚い緑の葉によく映える。強い芳香を放つのも特色。





昨日も久留米シティプラザの庭(銀のすぷーん 前)に咲いていた花を

眺めたばかりである。ここの庭の樹木には木の札に名前が書かれていた。

それによると「ホソバタイサンボク」だった。

『カラー 花木 1 』(山と渓谷社)の解説によると、ホソバタイサンボクは、

変種で明治初年、アメリカ大統領グラント将軍が来日のみぎり、請うて

東京上野公園に将軍夫人が手植えしたものがあり、これは一名グランド

ギョクランと呼ばれる、と記されている。






ところで、タイトルの俳句「昂然と泰山木の花に立つ」は高濱虚子の昭和

18年、櫻井書店から出版された『五百五十句』の中に収められている。

この句を「昂然と泰山木の花立つ」と、助詞の「花に立つ」を「花立つ」と

引用しているのを時折見かける。

(わたし自身の引用は、『現代俳句の世界 高濱虚子集』朝日文庫のもの)

短詩型では、助詞1字がいのちでもあるのだが……

原本はどちらなのだろうか?


        七月二日、県立病院を退院す。三日より自宅に臥床して

        治療を専らにす

     ゆふぐれの泰山木(たいざんぼく)の白花(しろはな)はわれのなげき

     をおほふがごとし         斎藤 茂吉 『つゆじも』より


『日本の詩歌』(中公文庫)の山本健吉の鑑賞によると「茂吉は六月一日に

小喀血し、二十五日に入院した。「病院の庭に泰山木があって白い豊かな

花が咲いている。それを見ておるとしばらく病の悲哀を忘れることができる。

『おほふがごとし』であった。」(『作歌四十年』)

大正9年、茂吉38歳の長崎赴任時代の歌である。

大正10年3月には長崎を去る。

 

« 夏至、夜の見学「博多工場にいってみナイト」 | トップページ | 柘榴忌(鶴逸喜忌) 逝きて40年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70938847

この記事へのトラックバック一覧です: 昂然と泰山木の花に立つ  高濱虚子:

« 夏至、夜の見学「博多工場にいってみナイト」 | トップページ | 柘榴忌(鶴逸喜忌) 逝きて40年 »