« 「新緑の唇を持て」竹中 優子 | トップページ | 『季刊午前』 第55号 2017 »

2017年6月19日 (月)

『だれかのいとしいひと』 角田 光代 文春文庫

ふらりと立ち寄った書店で、ふらりと買ってしまった文庫本。

平仮名ばかりのタイトルがいい。

薄そうだし、すぐ読めそうだ。

そして、何より何より購求を誘ったのは、解説の歌人の枡野浩一。

冒頭のことば「角田光代のことは、好きになったばかりだ。」と来る。

「え、何? それ。」ってたちどころに枡野さんの、この誘い文句に引き

込まれてしまった。








        角田光代さんて、クジゴジで仕事をしてるんだって。同世代の

        作家が、言いつけるように僕におしえてくれたことがある。朝

        九時から夕方五時まで、まるでサラリーマンのような規則正しさ

        で仕事をするのだという。それは尋常じゃない。たしかに馬鹿

        かもしれないと僕は思った。サラリーマンみたいに仕事ができ

        ないから物書きになるというのが、ふつうなんじゃないか。

                        解説ーー馬鹿    枡野 浩一






枡野さん、そうなんですよ。

角田さんは「クジゴジなんです。」

北九州であった井上荒野・川上未映子との3人のトーキングで、わたしは

知ったばかりだ。

理由はいたって単純(笑)。5時からは飲みたいから……だって。







この文庫本は、エッセイ集かと思いきゃ、短篇小説集だったという

アクシデント(笑)にもめげず、読了。






        生きるうえで大事なことは勇気と興奮



        過去は掌をすべりおちる液状の砂


すてきなことばが、鏤(ちりば)められている。

                2014年3月25日 第12刷  560円+税

 

 

« 「新緑の唇を持て」竹中 優子 | トップページ | 『季刊午前』 第55号 2017 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70905359

この記事へのトラックバック一覧です: 『だれかのいとしいひと』 角田 光代 文春文庫:

« 「新緑の唇を持て」竹中 優子 | トップページ | 『季刊午前』 第55号 2017 »