« 歌誌『はつか』 旧仮名・若手歌人の……(続) | トップページ | 歌集『岸』 岩尾 淳子 ながらみ書房 »

2017年6月14日 (水)

菩提樹の花

ことしこそ菩提樹の花を見に行こうと思っていたのに、うかうかしていたら

箱崎の恵光院の「菩提樹(青葉)まつり」は、六月四日の日曜日に

すでに済んでいた。

太宰府の戒壇院の菩提樹コンサートは6月11日の日曜日で、こちらもすでに

済んでいた。電話でお訊ねすると、まだ花は咲いているとのことだった。

以前、教室のみんなと戒壇院に行った時に菩提樹の樹を見つけ、Tさんと

今度花の咲くときに来ようね、と言っていたのに、それなのに、あ~あである。


残念な思いをいつまでも引きずっているのもいやだし、ダメモト承知で

箱崎(筥崎宮)の近くの恵光院まで急遽行くことに。

今日は裏千家の献茶式があるとのことで、筥崎宮も恵光院も着物姿の女性

たちが大勢来ていた。(九州近辺から600名からのひとたちが集った、とか。)


恵光院(えこういん)の菩提樹の樹は樹齢200年の大木であり、4つの大きな

幹にわかれている。黄色の五弁の可愛らしい花が咲き、花の咲くころはその

芳香があたりいちめんにただよう。

すでに花は散り、球形の実を結びはじめていたが、花の残香に酔う。

可愛らしい花も所々に見えて、来て良かったと思った。

来年は6月に入ったら、先ず予定に入れておかなければ。







ついでに筥崎宮の「あじさい苑」に入苑。

雨に濡れたあじさいの花の方が情緒があるのだけど、今日はあいにくの

「梅雨晴間」。あじさいを愛でる人たち、スケッチする人たち、ここも大勢の

人々だった。





ダンスパーティ、ハワイアングレープレッド、チボリ、柏葉あじさいなどを見て

巡る。昨日春日の教室のNさんに沢山あじさいの花を頂いたので、わがやは

只今、あじさい尽しである。わたしの好きな柏葉あじさいも頂いた。


そういえば、昨日の詠草の中にあった「多羅葉(たらよう)の木」(ハガキの木)

があった。この葉には字が書けるので、ハガキの木とも呼ばれている。

N さんに多羅葉の木を見たよ、と報告しとかなくちゃ。

« 歌誌『はつか』 旧仮名・若手歌人の……(続) | トップページ | 歌集『岸』 岩尾 淳子 ながらみ書房 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/70863253

この記事へのトラックバック一覧です: 菩提樹の花:

« 歌誌『はつか』 旧仮名・若手歌人の……(続) | トップページ | 歌集『岸』 岩尾 淳子 ながらみ書房 »