« 『ネコのなまえは』 枡野浩一 ぶん  目黒雅也 え | トップページ | 『現代短歌』 2017年8月号 特集「テロ等準備罪」を詠む »

2017年7月21日 (金)

「もはや抗えないもの」 山田 航    『短歌』2017年7月号

短歌の総合誌を4誌も年間購読していると、読み終らないうちに次号が

届いたりする。総合誌に加え、短歌関係の新聞も2紙、年間購読している。

と、前置きをして、本日は『短歌』2017年7月号の注目記事を。

この号も特集の「短歌再入門」があったりして、読み応えがあるのだけど、

山田 航さんの「歌壇時評」に注目した。


        --略

        文語という文体、そして旧かなという表記は、かつてはそれを

        用いる歌人の思想性そのものだったのだ。--略

        --略

        今や「昔の人の文体」というよりも「中二病の文体」という

        イメージの方が強いはずだ。






「中二病の文体」?とは、面白い発想だ。

山田さんは続けてこう書く。「--略 どうしたって言葉はコスプレの匂いを

帯び、放たれるそばから虚構化されてゆくしかない。ーー略」





結社「塔」の3・4月号で、吉川宏志さんが平井弘さんにインタビュー、

をしている。タイトルは「恥ずかしさの文体」なのだが、そこでの発言から

「ーー略 社会的メッセージを訴えようとするとき、新かなをそのまま使う

ことは『真面目すぎる』と考えたのだろう。含蓄の文体、はぐらかしの文体

としての旧かなである。ーー略」(山田 航 文)







筆者(ブログを書いているわたし自身)は、「塔」のインタビューを読んで

いないので、確たることは云えないのだが、山田さんの解釈でいいのだろう。


      --略 文体は表象なのだから、いくらでも変わってゆくものだ。

      思想という言葉に甘えてその使い方を硬直化させていると、本当に

      伝えたいことすらも伝えられなくなる。文体に囚われて自縄自縛に

      なるのは愚かしい。表現したい内容に合わせて文体を自在に

      使いこなせる歌人こそ、プロフェッショナルといえるのではないかと

      思う。

山田さんの書いていることは、まっすぐ伝わってくる。難しいことをこんなに

平易に説いてくれていることに感激した。






それにしても、わたし自身、新仮名遣いから旧仮名に変えたのは、他でも

ない、山田さんの書いている「含蓄の文体、はぐらかしの文体」としての

機能を信じて遣ったように思う。






このブログの6月13日にも書いたことだけど、「新仮名遣いでは気持ちが

生々しくも表出しそうでこわかった。」というのが、正直なところだ。

旧仮名遣いを〈隠れ蓑?〉にしたかったのだ。



この山田さんの「歌壇時評」を読んでないかたは読んでほしい。

読まれたかたは再読してほしい(笑)



「文体と格闘する歌人」は、こののち出てくるのだろうか。


« 『ネコのなまえは』 枡野浩一 ぶん  目黒雅也 え | トップページ | 『現代短歌』 2017年8月号 特集「テロ等準備罪」を詠む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/71199565

この記事へのトラックバック一覧です: 「もはや抗えないもの」 山田 航    『短歌』2017年7月号:

« 『ネコのなまえは』 枡野浩一 ぶん  目黒雅也 え | トップページ | 『現代短歌』 2017年8月号 特集「テロ等準備罪」を詠む »