« 歌集『窓は閉めたままで』 紺野裕子 短歌研究社 | トップページ | 暑気払い(星空に近いガーデンへ) »

2017年7月18日 (火)

映画「22年目の告白 ー私が殺人犯ですー」

事件が起きたのは1995年。

この年は、阪神大震災が発生し、オウム事件という凶悪犯罪もあった。

その年の連続殺人事件は、犯人を捕まえることもできず22年の歳月が

経ち、時効が成立した。


そこから、この映画がはじまる。

曽根崎雅人(藤原竜也)が、犯人として名乗りを挙げ、告白本を出す。

その告白本は大々的に売り出され、時の人となってしまう。

遺族への謝罪なども自ら強行し、世間の注目の的となる……

メディアを利用するところが、現代的でもある。


22年前、犯人を捕らえることができなかった刑事(伊藤英明)。

刑事と犯人、そして、「私が真犯人です」と名乗る男。

それに、ばりばりののパーソナリティの男が絡んでいく。


事件は二転三転し、ぞくぞくと鳥肌が立つ。

まさにスリルとサスペンスの映画。






それにしても、藤原竜也は独特の甘味がかったソフトな声だ。

« 歌集『窓は閉めたままで』 紺野裕子 短歌研究社 | トップページ | 暑気払い(星空に近いガーデンへ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/71174048

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「22年目の告白 ー私が殺人犯ですー」:

« 歌集『窓は閉めたままで』 紺野裕子 短歌研究社 | トップページ | 暑気払い(星空に近いガーデンへ) »