« たましひのたとへば秋のほたる哉  飯田蛇笏 | トップページ | 没後20年 特別展 「星野道夫の旅」  久留米市美術館 »

2017年8月22日 (火)

連載「世界を読み、歌を詠む」 坂井 修一  『短歌往来』

短歌関係の総合誌を年間購読していて、毎月楽しみに読んでいる。

このところ各誌それぞれ特集などに工夫をこらしており、読み応えがある。

その特集のことはさておいて、わたしがこのところ愛読している連載を

本日は、紹介したい。






『短歌往来』で連載が始まった坂井修一の「世界を読み、歌を詠む」

(9月号 ③回目)である。

文章の合間合間に書かれている坂井の動静(挙動)が、なんとも楽しい。

      
       『古事記』を読むならドブロクでもよいが、『聖書』はそうはいか

      ない。ミネラルウォーター(天然水)のペットボトルを冷蔵庫から

      取り出し、これを呑みながらあれこれ思いをめぐらすことになる。

と、いった〈ト書き〉的文章をはさみつつ進行してゆく。

歌の引用は井上法子の『永遠でないほうの火』の一首に移るのだ。

      
       こういうときは、先を急いではダメ。聖書と歌集を開きっぱなしに

      して、深呼吸する。そして、ミネラルウオーターを呑む。

考えつつ書き、書きつつ考える方法なのだが、この方法で思い出すのは、

岡井隆の『茂吉の歌私記』・『茂吉の歌 夢あるいはつゆじも抄』である。

九州の辺境で書きはじめたこの書は日記を盛り込みつつ、作品の読み

込みに全力を傾けている。

しかして、坂井修一のこの連載の副題が「ー楽しみと苦しみとー」とある

のは、意味深い(?)。

9月号の結語は以下であった。

      
      風呂からあがってパジャマを着て、再び本の山の中へと戻って

     ゆく。ジンとライムジュースを冷蔵庫から出して、混ぜ合わせ、

     ため息をひとつつく。洪水の後のノアの家族と動物たちに、老いた

     船長シド・ヨーハンに、そしてこの愚かな私に乾杯!

« たましひのたとへば秋のほたる哉  飯田蛇笏 | トップページ | 没後20年 特別展 「星野道夫の旅」  久留米市美術館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連載「世界を読み、歌を詠む」 坂井 修一  『短歌往来』:

« たましひのたとへば秋のほたる哉  飯田蛇笏 | トップページ | 没後20年 特別展 「星野道夫の旅」  久留米市美術館 »