« 旅先よりの絵ハガキ | トップページ | 玉すだれの咲く庭のある家 »

2017年9月12日 (火)

曼殊沙華のするどき象(かたち) ……

電車に乗って春日まで。

沿線の彼岸花をたのしみに(の、つもりだったが、1ヶ所しか咲いていず)

まだ、ちょっと早かったみたい。

彼岸花の歌といえば、まず坪野哲久の歌が思い浮かぶ。

 

      曼殊沙華のするどき象(かたち)夢に見しうちくだかれて

      秋ゆきぬべき         坪野 哲久 『桜』より






そういえば、8月の末だったか、市内の秦夕美さんより『秦夕美句集』

(ふらんす堂 現代俳句文庫)が届き、その中に曼殊沙華の句があり

付箋をしていたのだった。

      熟れきつて手首さまよふ曼殊沙華     『泥眼』より  秦 夕美






「熟れきつて」いるのは、「手首さまよふ」のは、作者なのか?

曼殊沙華なのか?

曼殊沙華だとしたら、擬人化なのだろうか。

やっぱり、作者が「熟れきつて」、「手首さまよふ」方が面白そうだ。








この現代短歌文庫には、既刊の句集23冊の句が抄出されている。

わたしは、『孤舟』の句が好きだった。秦夕美のひりひりとした魂にちょっと

ばかり触れたような気がした。

      後の世は知らず思はずねこじやらし

      露霜やわたりあぐねし修羅の橋

      花野には五里ほど冥府には三里

      数年は生きるつもりのとろろ汁

      数あるはかなし遺品の秋袷        『孤舟』より 秦 夕美

     

俳句は読むのは好きだが、いざ作るとなると物怖じしてしまう。

でも、今日は彼岸花を見たので、彼岸花の句を。

      エゴサーチするもしないも曼殊沙華

      曼殊沙華母のやうには生きられず

 

« 旅先よりの絵ハガキ | トップページ | 玉すだれの咲く庭のある家 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曼殊沙華のするどき象(かたち) ……:

« 旅先よりの絵ハガキ | トップページ | 玉すだれの咲く庭のある家 »