« 歌集『書架をへだてて』 本間温子 青磁社 | トップページ | 映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 »

2017年9月17日 (日)

『ライナスの毛布』 高田ほのか  書肆侃侃房

書肆侃侃房のシリーズのユニヴェール6。

作者は2009年、作歌を始め、2015年未来短歌会入会、加藤治郎に師事。

タイトル『ライナスの毛布』に込められた思いを「あとがき」に記す。

      
      わたしは嬉しい、苦しい、悲しいなどの人間の持つ感情のなかで、

      せつない が一番好きだ。触れたいのに、どうしても触れられない

      背中……少女マンガは、いまなお手放すことが困難な、私に

      とってのライナスの毛布なのだ。

少女漫画誌史上最高発行部数255万部という数字を達成した「りぼん」

(1994年)。小学生の作者にとって「りぼん」は、ライナスの毛布として、

着実に確実に根付いてしまったのだ。

「わたしにとって短歌を詠むことは、少女マンガの主人公の気持ちを編む

作業のように思う」とも記している。



     
     ショーウインドウ越しに毎日目が合ったあの子猫の目あの目はわたし

     理由ならひとつじゃなくてキスのあと舌に残った微かな苦味

     向かい合うアクア・グレイのテーブルはやけに長くてあなたが遠い

     行きつけの森井書店の貼り紙にわたしの首は傾いたまま

     バンダナを解けば夜空にふたりきりあの日確かにあった永遠

     逢える日は一番綺麗になれるよう逆算しながら今日爪を切る

     あの人とまるきり同じシャツを着てわたしの前にゆるりと立つな

     それはもうカーテンでしたひとりずつ風を着替えて消えてゆきます

     母が買った結晶柄の靴下を雪と気づかず今日も履く父

     葉のうえに葉陰は揺れてさわさわと蔦屋書店のカバーを外す



「少女マンガの主人公の気持ち」と断らなくても、ちっとも構わない。

(Ⅰ部には、オマージュ作品も勿論あるが……)

つまり、「作者その人の生を反映している。」Ⅰ部だとしてもいいではないか。

揺れやすい、傷つきやすい少女(?)の心が素直に吐露されていると思う。


2首目、5首目、7首目など、怜悧な心も垣間見られる。

嫌いになった理由は「ひとつじゃなくて」と、判断し「あの日確かにあった

永遠」が雲散霧消することだって、人生にはある。

7首目など、命令形の小気味の良さ。「わたしの前にゆるりと立つな」だって。







その一方、手堅い歌もちらほらとある。

4首目、9首目、10首目など、生活感も窺える。(わたしの好みでもあるが。)

8首目は、笹井宏之の歌を読み込んでいるらしい痕跡を感じたりもしている。







現代短歌にまた一人、若い才能が出立(しゅったつ)した。

                                         解説 「ゴーゴーラウンド」 加藤治郎

                     2017年9月17日    1700円+税

« 歌集『書架をへだてて』 本間温子 青磁社 | トップページ | 映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/71731859

この記事へのトラックバック一覧です: 『ライナスの毛布』 高田ほのか  書肆侃侃房:

« 歌集『書架をへだてて』 本間温子 青磁社 | トップページ | 映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 »