« 曼殊沙華のするどき象(かたち) …… | トップページ | 歌集『書架をへだてて』 本間温子 青磁社 »

2017年9月13日 (水)

玉すだれの咲く庭のある家

玄関のポーチに玉すだれの咲いているおうち。

わたしのあこがれの家である。

ことしもあちこちの庭で玉すだれが咲いている。

玉すだれの花は、ヒガンバナ科の玉スダレ属。

花の色は白とピンクがある。ピンクもかわいいが、わたしは白が好き。





そんな玉すだれの咲く庭を通りがかりに眺めながら園芸店へ。

ことしは夕顔がまだ咲かない。

花になりそうなツボミがことごとく枯れてゆく。

花になる前にツボミの時点で枯れてしまうのは何故なのかしら。



「わさび菜」という珍しい菜を売っていたので、2株買う。

虫がつきにくいということだけど、どうなんだろう。

わさびの名前が付いているくらいだから、葉っぱは辛いのかしら。



今日のおやつは新発売の「もちもち八女抹茶ロール」

(八女の抹茶だよ。)

これはセ●●イ●●ンでしか売っていない。(九州限定 ? かな。)

カスタードホイップもスポンジも抹茶色をしている。

美味しうございました。

« 曼殊沙華のするどき象(かたち) …… | トップページ | 歌集『書架をへだてて』 本間温子 青磁社 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉すだれの咲く庭のある家:

« 曼殊沙華のするどき象(かたち) …… | トップページ | 歌集『書架をへだてて』 本間温子 青磁社 »