« 晩菊の角を曲がるといつもゐる  北大路翼 | トップページ | ドームシアター(プラネタリウム)へ »

2017年10月16日 (月)

「羽田圭介講演会 小説家というしごと 〜思っていることを言語化する〜」

福岡大学8号館831教室での講演にSさんを誘って出掛けた。

「〜思っていることを言語化する〜」って、短歌作りにも当て嵌まるような

気がしないでもない。

大勢の福大生に混じって、一般の方々もけっこういらしてたようだ。

写真のイメージ通りのかただった。

ジャケットの下のTシャツは自著の宣伝用 ?  だったのか、ちらりちらりと

見えた。(見せてくれた。 笑)

講演の内容を事細かくここで記すのは憚られる(?)が、

メモをとりたくなるくらい参考になることを語ってくれた。

 

          違う時代の、違う国の本を読む。

          自分を客体化する。

          書きながら考えていく。

          自分の考えを発酵させる。

          論理的な思考ができるだけでは、ダメ。

          情報をシャットアウトする。

          自分を否定するようなものにも触れる







二部では、福大生5人を檀上にあげての質疑応答。

初々しい質問、それに丁寧に応える羽田氏。

〈知〉に触れた2時間弱であった。





地下鉄福大前駅の並木のイタヤカエデが梢の方から紅葉がはじまり、

雨に濡れた緋色が美しく目に映った。

« 晩菊の角を曲がるといつもゐる  北大路翼 | トップページ | ドームシアター(プラネタリウム)へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/71984901

この記事へのトラックバック一覧です: 「羽田圭介講演会 小説家というしごと 〜思っていることを言語化する〜」:

« 晩菊の角を曲がるといつもゐる  北大路翼 | トップページ | ドームシアター(プラネタリウム)へ »