« 歌集『夏の領域』 佐藤モニカ  本阿弥書店 | トップページ | 「羽田圭介講演会 小説家というしごと 〜思っていることを言語化する〜」 »

2017年10月15日 (日)

晩菊の角を曲がるといつもゐる  北大路翼

NNK Eテレ 「俳句王国がゆく」を観賞(?)

日曜日の雨の昼間、珈琲を飲みながらの憩いの時間だ。

後半の個人戦が面白かった。

         路地裏を風は留まらず実南天      福岡日向子

         晩菊の角を曲がるといつもゐる     北大路翼

         こすもすにまぎれてやがて僕の妻    大塚 




「実南天」がいいなと思っていたら、負けてしまった。

最後が「晩菊」と「僕の妻」の一騎打ち。

前半の北大路の「秋蝶の止まり指で涙拭く」の乙女チックな句から

想像して、ひよっとして「僕の妻」は、北大路の句かしらん ? と思ったけど、

「晩菊」の句の方だった。

ヒール(笑)な彼が「コスモスにまぎれてやがて僕の妻」だったら、その落差に

快哉したのに……

まぁ、優勝したのだから、善しとするか。

「いつもゐる」のは、何なのか、読者に委ねたところがいい。

(俳句の表記、間違えていたら、ごめんなさい。)








このところテレビづいていて、昨日はNHKテレビの「ファミリー」の再放送

「ノーベル賞の原点 山中伸弥・町工場の魂」を観賞。

山中氏の先祖のルーツを辿るものだったが、その父親の町工場での

奮闘ぶりに涙が零れた。







父親亡きあと、小さな工場を引き継いだ母親の精神の強靭さ。そしてその

モノ造りに寄せる誠実さが心に残った。

1000個ネジを作っても、一つ一つのネジは一軒一軒の家に届き、使われる

ということを忘れてはならないと。






ノーベル賞の受賞式に母親も出席できたこと。

そして、山中氏が皆さんにお土産で配ったチョコレートは、どなたも

冷蔵庫に入れたまま記念にとっていて、食べていなかったことだ。(笑)







そういえば、あのノーベル賞の記念チョコレートは購入者が多くて、

とうとう並んで買うことができなかった4年前のスウェーデンの旅を

思い出した。


« 歌集『夏の領域』 佐藤モニカ  本阿弥書店 | トップページ | 「羽田圭介講演会 小説家というしごと 〜思っていることを言語化する〜」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/71974741

この記事へのトラックバック一覧です: 晩菊の角を曲がるといつもゐる  北大路翼:

« 歌集『夏の領域』 佐藤モニカ  本阿弥書店 | トップページ | 「羽田圭介講演会 小説家というしごと 〜思っていることを言語化する〜」 »