« 映画「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」 | トップページ | 心田庵の逆さ紅葉(長崎市) »

2017年11月24日 (金)

『三枝昻之』 シリーズ牧水賞の歌人たち 青磁社

表紙の顔写真が実にいい。

穏やかな笑みを湛えており、上手に年齢を重ねた、白髪が美しい。

そういえば、歌集『上弦下弦』のなかに次の1首があることを思い出した。


      髪の毛は染めなくていい ハマ風(かぜ)のデキシーランドがわれに

      ささやく

最初の「三枝昻之アルバム」は愉しい。

1ページ目の40歳の肖像はナイーヴな青年の面差しである。1984年、40歳

なのに、未婚の男性みたいに初々しい。(巻末の自筆年譜で確かめると、

この年の1月に長男が誕生している。)


伊藤一彦氏との対談では、文学館(山梨県立文学館の館長)のことや、

歌の主題のこと、馬場あき子さんとの出会いのことなど多岐に亘って

語っている。

その中で大病をした40代のことが語られていたが、その時、奥様である今野

寿美さんが教職を辞めてしまい、三枝さんのフォローをするという背水の陣を

しいたことだ。「決断力、実行力がすごいんだね。」と、伊藤氏も語っている。

『やさしき志士たちの世界へ』から『それぞれの桜』までで、第12歌集。

代表歌、333首、和嶋勝利選が掲載されている。

その中からわたしの好きな歌を10首選んでみた。

       まみなみの岡井隆へ 赤軍の九人へ 地中海のカミュへ

       消してまた書く一行の詩の言葉こころざしこそ修辞に及かず

       灯の下に来し四歳のやわき掌がわが頭をなでて立ち去りゆけり

       千年の紆余曲折が瘤となるわたしは椨(たぶ)でそのうばたまで

       切れ目なき空の花火を見しことあり昭和二十年七月六日母の

       背中で

       マークシート塗りつぶし塗りつぶす一限目揺れているのはみずで

       あろうか

       還暦や ともかくもまた歩もうかほどほど古き松となるまで

       秋霜童子百年眠るいしぶみや寂しさはまだ摩滅できない

       農鳥はまだ現れず天からのあずかりものはゆっくり動く

       この丘と決めて二人は移り来ぬさねさしさがみと武蔵の境


もっともっと挙げたいのだけど、とりあえず10首に絞った。

最も好きなのは3首目。この歌を読むと胸がキューンとなる。

やわらかい、ちいさな掌。その掌はその時の掌であり、その時はもう2度と

還ってこないのだ。


         2017年11月15日 初版第一刷発行    1800円+税

« 映画「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」 | トップページ | 心田庵の逆さ紅葉(長崎市) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/72295238

この記事へのトラックバック一覧です: 『三枝昻之』 シリーズ牧水賞の歌人たち 青磁社:

« 映画「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」 | トップページ | 心田庵の逆さ紅葉(長崎市) »