« 皇帝ダリアの花・花・花 | トップページ | 「六花(とっておきの詩歌)」 VOL.2 六花書林 »

2017年11月15日 (水)

柳坂曽根の櫨並木(福岡県久留米市)

「柳坂ハゼ祭り」は18日の土曜日からなのだが、久留米に出掛けた

ついでに行ってみた。

久留米駅の観光案内所のかたが丁寧に教えてくださった。

久留米駅前から西鉄バスの⑳番系統に乗り、約30分、「津遊川」で下車。

櫨並木が延々と続いている。その並木の下には小川が流れている。

水草が生えていて水が澄んでいる。津遊川(つゆがわ)だろうか。







祭りの前なので人通りは少ない。

ご夫婦らしい2人連れを時折目にするくらい。

(お祭りの準備なのか、2・3人箒を持って掃除をしていた。)

お天気も上々で、櫨の真っ赤に彩づいているのに癒される。

この櫨並木の下は遊歩道になっていて、石畳なのが情緒がある。

真っ直ぐな一本道なので、ず〜っと先の方まで見渡せる。

         

         この柳坂曽根の櫨並木は、約250年前、灯用の蝋の原料として

         植えられたもので、幹周り1m内外、樹高5〜6mの堂々とした

         櫨、約200本が1Kmにわたって続いており、全国街路樹100選

         にも選ばれています。       「柳坂ハゼ祭り」チラシより


この櫨並木は、福岡県指定天然記念物にもなっている。

耳納北麓の紅葉・果物・緑花・野菜などを満喫して筑後路の秋を楽しむ、

のもいい。

近くの畑には柿も色づいていた。


         わが國は筑紫(つくし)の國や白日別(しらひわけ) 

         母います國櫨(はじ)多き國

                       青木繁(あおき・しげる)が詠んだ望郷歌

« 皇帝ダリアの花・花・花 | トップページ | 「六花(とっておきの詩歌)」 VOL.2 六花書林 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/72224763

この記事へのトラックバック一覧です: 柳坂曽根の櫨並木(福岡県久留米市):

« 皇帝ダリアの花・花・花 | トップページ | 「六花(とっておきの詩歌)」 VOL.2 六花書林 »