« プリンターを酷使して | トップページ | 歌集『遠音よし遠見よし』 伊藤一彦  現代短歌社 »

2017年12月19日 (火)

冬の夜海眠らねば眠られず  鈴木真砂女

ことしも残すところ10日あまり。

なにか取りこぼしていることがあるのではなかろうかと、

案じられもする。いや、取り零すしかない諸々が机上周辺に。



今朝の新聞(朝日)に、佐藤モ二カさんが写真入りで紹介されていた。

「新時代の表現者たち ⑥」、肩書が詩人・作家となっていたのに、少々

戸惑う。そりゃあそうだろうと思いつつ、「歌人」って入れて欲しい気がしない

ではない。「移民の記憶を言葉で残したい」と語っていた。

勿論、短歌を詠んでいることも語られていた。



昨夜は夢うつつでメールを読み、夢うつつでショートメールを返していた。

常になく、早寝してしまっていたのだが。

それから、目覚めて、眠られなかった。(愚痴では、なかと(笑))


         冬の夜海眠らねば眠られず    鈴木真砂女








今日から3日間、走ります。

続けて走ります、走り続けます。

« プリンターを酷使して | トップページ | 歌集『遠音よし遠見よし』 伊藤一彦  現代短歌社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の夜海眠らねば眠られず  鈴木真砂女:

« プリンターを酷使して | トップページ | 歌集『遠音よし遠見よし』 伊藤一彦  現代短歌社 »