« 夕焼けがこわいのですか… 本川克幸歌集『羅針盤』のこと | トップページ | 季節の便り②  二月には甘納豆と坂下る 坪内稔典 »

2018年1月24日 (水)

季節の便り① 笹井宏之さんの祥月命日です

      冬ばつてん「浜辺の唄」ば吹くけんね ばあちやんいつも

      うたひよつたろ                                2006・12・7

                    冬のよろこび 「佐賀新聞」掲載作品

                                        『てんとろり』 (書肆侃侃房2011年1月24日刊)より


2009年1月24日、26歳で夭折した笹井宏之さん。

笹井さんの清冽な歌は、みんなの心のなかに今も息づき、宿っている。








この季節になると、笹井さんの歌が、笹井さんのことが思い出される。

何度かしか、お会いしたことはないのに、笹井さんのあの恥ずかしそうな

笑みは忘れ難い。

そして、ひとことひとこと丁寧に言葉を発していたことが……




2011年11月12日、福岡の警固神社(神徳殿)での加藤治郎さんの講演は、

「彗星のように現代短歌を駆け抜けた笹井宏之の世界」だった。

(当日の父君の孝司氏の碗琴コンサートの調べもせつない音色であった。)

まさに、彗星のように駆け抜けた笹井さんの〈歌〉であり、〈生〉であった。


本日は笹井さんの命日なので、車中で読む歌集は『てんとろり』と『ひとさらい』

を持って、出掛けることにする。

久留米まで行って来るけんね。

« 夕焼けがこわいのですか… 本川克幸歌集『羅針盤』のこと | トップページ | 季節の便り②  二月には甘納豆と坂下る 坪内稔典 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/72762068

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の便り① 笹井宏之さんの祥月命日です:

« 夕焼けがこわいのですか… 本川克幸歌集『羅針盤』のこと | トップページ | 季節の便り②  二月には甘納豆と坂下る 坪内稔典 »