« 「岸田劉生と椿貞雄」 久留米市美術館 | トップページ | あじさい(ダンスパーティ)と「サムハラ」 »

2018年5月21日 (月)

「定綱が訊く①馬場あき子」 歌壇 2018年6月号  本阿弥書店

新シリーズの「定綱が訊く ぶっかりインタビュー」の馬場あき子さんの

言葉が実にいい。

とても示唆に富む言葉ばかりで、マーカーを引きながら

読み終えた。聞き手の佐佐木定綱さんもインタビューを心得ている(笑)。



結社の校正や発送について。

           校正も十五、六人でやっているしね。発送もここ(馬場邸)で

           三十人くらいでやっていたの。それで今年から業者に委託

           しました。みんなが「寂しい」と言って、なつかしがる。-略

 


           --だから、「今まで辛かったことがありますか」と聞かれる

           ことがありますが、ない。全部楽しかった。事件が起きても、

           それを解決するのが楽しいのよ。


添削について。

          添削の秘訣は、添削はあまりしなくていい。最小限度の

          添削をして、お手紙を書く。ーー略

          褒めるのが大事。三首あったら、ニ首はダメで×をつけて、

          一首だけ褒める。


良い歌とは。

         だから、現象とか、フィクションでもいいから。具体がある歌が

         大事だと思います。--略


         歌や詩、芸術も文学もすべて、「心から心へ」伝わるためには

         言葉が必要。わからない言葉を使っちゃダメなの。--略


         新聞のタイトルみたいな言葉ばかり組み合わせて言っても

         ダメだしね。


         幼いころから、何を見てきたか、読んできたか、知ってきたか。

         教育的な教養とは違うものですけど。知的なものだけでなく、

         何を見、何を知り、何を身にもって生きて来たかということ。

         それが土台になって、抜くことができない性格が、生きて

         来た道にできちゃってる。--略

 


         人間の質がどんな歌にも出ちゃうのよ。選ぶときも、歌う

         ときも、その質が大事なんじゃないかなあ。






一語一語の言葉の中に、歌詠みたちに寄せる馬場さんの愛情と、

信念が籠っている。


このインタビューの連載、今後もたのしみである。

 

 

« 「岸田劉生と椿貞雄」 久留米市美術館 | トップページ | あじさい(ダンスパーティ)と「サムハラ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/73526575

この記事へのトラックバック一覧です: 「定綱が訊く①馬場あき子」 歌壇 2018年6月号  本阿弥書店:

« 「岸田劉生と椿貞雄」 久留米市美術館 | トップページ | あじさい(ダンスパーティ)と「サムハラ」 »