« 追悼 金子兜太   『俳句』 2018年5月号   | トップページ | 季節の便り⑧  特定健診結果報告書 »

2018年5月14日 (月)

映画「蝶の眠り」中山美穂主演

作家・松村涼子(中山美穂)は、遺伝性のアルツハイマーに侵されて

いることをある日知る。

発症して3年くらいで死に至るかもしれない不安の中で、新しい何かに挑戦し、

やり遂げるために、大学の講師をはじめる。

そこで知り合った30歳年下の韓国人留学生・チャネ(キム・ジェウク)。

涼子の執筆活動を助けるためにチャネは共に住む。


               あなたは眠っているとき両手を上にあげていたよ。

               韓国では「蝶の眠り」って言うんだ


2人の共同生活は満ち足りて、しあわせに包まれていた。

目が覚めるといつも傍らにチャネがいる。

しかし、そんな生活もいつか清算しないといけない時が来る。


中山美穂の立ち居振る舞いの美しさ。

そして、ソ・チャネの眼差しの清らかさ。

すてきな2人だった。



               アルツハイマーになっても愛された記憶は

               覚えていて、愛し合った2人にはわかる……の。



cat     cat

アートアクアリウム展に行った。

大きなガラスの水槽 ? に沢山の金魚が泳いでいる。(いつかテレビで観た

のが、〜博多・金魚の祭〜として開催されていた。5月16日まで。)

めくるめく万華鏡のようだった。

みなさん、インスタ映えするとかで、カメラを写すことに夢中だった。

« 追悼 金子兜太   『俳句』 2018年5月号   | トップページ | 季節の便り⑧  特定健診結果報告書 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/73487384

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「蝶の眠り」中山美穂主演:

« 追悼 金子兜太   『俳句』 2018年5月号   | トップページ | 季節の便り⑧  特定健診結果報告書 »