« 『光の庭』 伊藤一彦   ふらんす堂 | トップページ | 歌集『孤影』 江田浩司  ながらみ書房 »

2018年6月30日 (土)

歌集『鉄の蜜蜂』 岡井隆   角川書店

昨日、東区千早で見かけたアガパンサスの花。

この花はふつうオーシャンブルーが一般的で、ブルー系あるいは

薄紫色が多いのであるが、昨日見たのは真っ白であった。


アガパンサスですぐ思いつくのは岡井隆さんの第34歌集『鉄の蜜蜂』で、

アガパンサスの花が3首おさめられている。

このことに気付いたのは、今年4月の「第56回 北九州芸術祭短歌大会」

の講演のために『鉄の蜜蜂』を読み込んだためである。ちなみにその時の

講演タイトルは「短歌と人生」であった。


岡井さんって、アガパンサスの花が好きなんだなと思った。

アガパンサスは、ギリシア語のagape(愛)とantnos(花)が語源となり

「愛の花」とも呼ばれている。

別名は、紫君子蘭(むらさきくんしらん)ともいわれ、英語ではアフリカンリリー

である。



      アガパンサス今年の花はたくましい折られまいと蔭で咲く奴もゐる

      むらさきのアガパンサスは咲きそめぬ折られむがための生も

      あるんだ

      この本のゆゑに離れゆく友どちのあらむ アガパンサスを折りつつ



3首とも「折」の字が入っている。

「折られまいと」「折られむがため」「折りつつ」。

こうして読むと岡井さんがアガパンサスの花を詠む動機というか、心理も

些かではあるが、わたしにはわかるような気がする。



アガパンサスの花茎は高く、その花を見ていると折りたくなってしまう

ことがある。

岡井さんの根底にある〈愛〉、それをアガパンサスの花茎に

託していると思うのは穿ち過ぎであろうか。


それにしても、アガパンサスの花をただ愛(め)でる歌でなく、そこに作者の

精神を仮託する手法は、やはり、岡井さんならではのものである。


アガパンサスの花の白色は、シルバーベイビーとかアルバやアフリカヌス

などがあり、涼しげな花色がこの季節の鬱陶しさを払拭してくれる。


                                                   2018年1月25日 初版発行

                                2600円+税



 

« 『光の庭』 伊藤一彦   ふらんす堂 | トップページ | 歌集『孤影』 江田浩司  ながらみ書房 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/73774366

この記事へのトラックバック一覧です: 歌集『鉄の蜜蜂』 岡井隆   角川書店:

« 『光の庭』 伊藤一彦   ふらんす堂 | トップページ | 歌集『孤影』 江田浩司  ながらみ書房 »