« 歌集『海に鳴る骨』 髙野 岬   角川書店  | トップページ | 映画「万引き家族」  是枝裕和監督 »

2018年6月21日 (木)

「アカンサス年々」  『命運』 近藤芳美  砂子屋書房

本日は近藤先生の祥月命日です。

2006年6月21日に帰天なされた先生を偲んでいます。

     アカンサス吾とまた老い逞しき花茎の数咲く年々に

     アカンサス庭埋め埋めて群立つに花を咲き綴るみどり濃き中

     アカンサス或いは自らの丈に倒れ咲き次ぐ花のつねに雨過ぎて

     凛として卑しきを寄せぬ静けさに長(た)くるアカンサス花の極まり

     こうこうと啼きて渡れば白鳥の天のまぼろしアカンサス夜さえ

                『命運』  「アカンサス年々」より

                2000年5月5日発行  砂子屋書房


近藤先生の22冊目の歌集の「アカンサス年々」の章からその名前の入る

歌を、5首挙げてみました。

先生の22冊目にあたるこの『命運』は、発行日が87歳の誕生日の日付に

なっています。この発行日のことも、歌集題も先生の思いがしっかり込め

られているようです。




今年1月上京した折に埼玉の聖地霊園を訪れました。

霊園はしんかんとしていました。


その時、なぜか先生に教えていただいた天満敦子の

「BaIaDa〈望郷のバラード〉」のことが浮かびました。


今日はそのCDを聴きながら、静かに過ごしたいと思います。

« 歌集『海に鳴る骨』 髙野 岬   角川書店  | トップページ | 映画「万引き家族」  是枝裕和監督 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/73722261

この記事へのトラックバック一覧です: 「アカンサス年々」  『命運』 近藤芳美  砂子屋書房:

« 歌集『海に鳴る骨』 髙野 岬   角川書店  | トップページ | 映画「万引き家族」  是枝裕和監督 »