« 「林芙美子 貧乏コンチクショウ」  世田谷文学館 | トップページ | ツルハナナスの花が咲かない »

2018年6月 1日 (金)

季節の便り⑨  菩提樹の花   恵光院(福岡市東区) 

菩提樹の花がほぼ満開。

ことしは「ほぼ満開」の花を観ることができた。

恵光院に足を踏み入れると、その薫りがただよう。

そして、花の周りには蜂が蜜を吸っているのだろうか。

ブウン、ブウンと羽音がする。

       菩提樹の花を直ちに指さしぬ   後藤夜半




中国に野生するシナノキ科の落葉髙木で、日本では寺院や神社の境内に

植えてある。花は薄黄褐色の薫りのある小花を鈴なりに開く。


恵光院は筥崎宮のそば。

本日は花を観に訪れた人たちで大入りだった。





「菩提樹まつり」は3日の日曜日かな ?




cat      cat

菩提樹の花を堪能したあとは、筥崎宮の「あじさい苑」にも寄った。

入苑料は300円。

こちらも人出が多かった。


柏葉あじさいの花毬が重たそうであった。

日差しに真っ白の花が耀いて、目が眩むようであった。

青い花のハワイアンブルーと、真っ白なウェディングドレスに目が止まる。

淡いピンクのコットンキャンディも気に入った。


あじさい苑の開苑は6月30日までの予定らしい。


« 「林芙美子 貧乏コンチクショウ」  世田谷文学館 | トップページ | ツルハナナスの花が咲かない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/73602403

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の便り⑨  菩提樹の花   恵光院(福岡市東区) :

« 「林芙美子 貧乏コンチクショウ」  世田谷文学館 | トップページ | ツルハナナスの花が咲かない »