« 『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』  暮しの手帖社 | トップページ | パスポート更新 »

2018年8月28日 (火)

来るのかい夏の大三角つれて    秦 夕美 「GA」 81号

秦 夕美の個人誌「GA」81号が届いた。

彼女の俳句を読むと気持ちがしゃんとする。

 

            来るのかい夏の大三角つれて

            大西日いやいや母の貌をする

            いたはられいたぶられをり夏の月

            手裏剣の欲しや星降る陋屋に

            朝顔やはたまた後世といふ時空


秦 夕美らしい(?) 句をあげてみた。


1句目、「夏の大三角」といえば、デネブ、アルタイル、ベガ。

デネブははくちょう座、アルタイル(ひこ星)はわし座、ベガ(織姫星)は

こと座の星。七夕伝説などを思い出すが、どっこい、夕美さんは浪漫の

方には傾かない。「来るのかい」は、誰に向かって言っているのかは謎。

読者がそれぞれ想像すればいい。


2句目、「いやいや母の貌」が、なんとも夕美さんらしい。

母親業どっぷりではない。たぶん若い時からそうだった、のかも知れない。

俳句にのめり込んで、俳句が〈ごはん〉みたいなひとなのだ。俳句がないと

死んでしまう、かも。(「いやいや」は、「大西日」にも読みようによっては

掛かる。「大西日いやいや」とも読めるが、わたしは「いやいや母の貌」の

方が好き。)




3句目、

今朝がた見た月は神々しい光を帯びていた。

望の月は26日だった。今朝の月はやや扁平だったが、3句目の

「いたはられいたぶられをり」が、なんともなんとも。


4句目の「手裏剣」。彼女に手裏剣を与えたらいけん。いかんよ〜。(笑)

実はわたしも欲しいときがあるにはあるが……


5句目「後世」などと言う言葉がサラリと出るところも夕美さんらしい。

わたし自身は「後世」など信じたくないし、信じていない。

しかし、そういう「時空」が存在すると思うことも、いいとしよう。(笑)


この「GA」は、現在81号。1年に3号発行のペースのようだ。

それにしてもよく続いている。いや、続けていると感心する。


そして、何よりわたしの好きなコーナーは「あとがき」。


       (略)まあいい。孫は私の仏様。拝観料も寄進も必要なのだ。

       いずれロードレースに出てみたいと言う。「人間、必ず死ぬ

       から、好きなことをしな」と私。どうやら私に似ているようで

       少し心配。


せっせせっせと孫に寄進している夕美さんもカワイイ。

そうだね「人間、必ず死ぬから…」あるお金は喜ぶひとにあげた方がいい。



わたしもせいぜい「好きなことを」して、行きたいところへ行って、

観たいものを観て、食べたいものを食べて、暮らそう……かしら。

             「人間、必ず死ぬから…」

« 『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』  暮しの手帖社 | トップページ | パスポート更新 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/74116493

この記事へのトラックバック一覧です: 来るのかい夏の大三角つれて    秦 夕美 「GA」 81号:

« 『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』  暮しの手帖社 | トップページ | パスポート更新 »