« 「現代短歌新聞」 平成30年8月号 | トップページ | 『真夜中の子供』 辻 仁成    河出書房新社 »

2018年8月 7日 (火)

二桁算用数字を縦書きにする方法

PCに弱いというか、機器オンチのわたしは二桁算用数字を

縦書きにすることが出来なかった。

出来なかった癖に「わたしのパソコンでは二桁の算用数字は縦書きに

ならないのです。」などと、言い訳をしていたのだ。


本日の歌会で二桁の縦書き算用数字の部分を空白にしていたら

(自筆書きするため)見かねたTさんが、帰宅してから

懇切丁寧なメールを送ってくださった。


      まず横向きに39(仮の数字)を打ち込みます。

      次にその39を指定して「ホーム」の中の右の方に幅広のAの

      上に外向きの矢印が付いた「縦中横」のマークをクリックします。

      縦に表示された39の例が出ますのでOKをクリックします。


このメール通り試してみると、あらら、出来るじゃないの。

わたしは自分を褒めてやりたい。(褒められるのは、ホントは Tさん(笑))


わがやの「曜白朝顔」の孫が北九州で咲いている。

昨年、種子を M さんに差し上げたのだけど、その種子が花をつけ、

今年はMさん宅の種子を蒔き、花が咲いたのだ。(要するに、孫だね。)

メール添付の朝顔の写真を本日送ってくださり、その写真を見ていると、

なんだか嬉しい。





そういえば、ふうせんかずらの種子は随分あちこちにお配りしたものだ。

今でもふうせんかずらは健在だろうか ?  (津々浦々とまではいかないけど、

北九州、香椎、春日、久留米の地で)




もう一つ嬉しい(たのしい)ニュース。

夕顔の蔓が盛んに伸びているのだけど、リビングの窓の向こうに張った

紐に水平に夕顔の葉っぱが並んでいる。

その葉っぱがハートの形なのだ。

リビング側から逆光線でカメラに写すと、くっきりハートの形が並ぶ。

3枚から5枚、6枚、7枚となり、今朝は9枚のハートが並んだ。

毎朝カメラで写しているのだ。



今年の夏の、といっても本日はすでに立秋だが、すてきな写真になった。

« 「現代短歌新聞」 平成30年8月号 | トップページ | 『真夜中の子供』 辻 仁成    河出書房新社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/73995638

この記事へのトラックバック一覧です: 二桁算用数字を縦書きにする方法:

« 「現代短歌新聞」 平成30年8月号 | トップページ | 『真夜中の子供』 辻 仁成    河出書房新社 »