« NHKテレビ再放送「プロ流儀」 2018年8月19日 13::05〜 | トップページ | 季節の便り⑫ クルクマの花 »

2018年8月20日 (月)

歌集『温泉』 山下 翔   現代短歌社

山下翔の第一歌集『温泉』

第一歌集という帯もなく、従って〈惹句〉なることばも見出せない。

装幀もいたってシンプル、というか、むしろ素っ気ないくらいだ。

カバーの色は鶸茶 ? 

カバーを外すと青藍色の表紙に白抜きの文字が力強い。

判型は四六判の変形。(変形といえば、わたしの第一歌集『早春譜』も変形。

2冊重ねてみると殆ど同じ大きさで、1ページ2首組なのだ。第一歌集という

文字もなければ、帯も無い。この偶然の符牒がなんとも嬉しい。)




    店灯りのやうに色づく枇杷の実の、ここも誰かのふるさとである

    自転車のタイヤがどうもやはいんぢやないかみたいな体調つづく

    わたしもすごくわかりますとふ相槌の、さうやつて呑まんでくれ俺を

    金折(かなを)れのやうに柱に凭れゐる我、この家をだれが支へる

    換気扇 がたんと回り始めたり母が煙草を吸つてゐたころ

    長崎の坂をよろこぶわが脚よあるいたところがふるさとになる

    石段のひとつひとつの傾きを足に合はせてのぼりつつあり

    この夏をいかに過ごしてゐるならむ花火のひとつでも見てればいいが

    ほむら立つ山に出湯のあることのあたりまへにはあらず家族は

    わが展く菓子箱もたれか組み立てて生活のかてとなしたるものを

    草食んでぢつとしてゐる夜の猫とほいなあ いろんなところが遠い


ホントは歌だけをあげて何も書かない方がいいのかも知れない。

わたしの拙い感想で読者を惑わしたくない。

先入観を植えつけたくない。

と、思いつつ、書いてしまうところがわたしの弱さ。



たとえば、4首目なのだが、初出は2015年8月2日に開かれた「第2回 福岡

合同歌会」に出詠されていた1首である。場所は「あいれふ」だった。

黒瀬珂瀾さんが在福していて、彼の司会で無記名の歌会だった。詠草は

黒瀬さん側が準備したので、わたしは作者がどなたなのかは知る由もない。

38首の中からの互選 5首。その中の1首がこの歌だった。



「金折(かなを)れ」などという語彙をうまく使い熟していることの驚き。

この時はルビは付いていなかった。金折れは、モノとモノを繋ぐ補強

金具である。この比喩の巧みさというか、たぶん実感に即して遣った

のだろうが、一転して「この家をだれが支へる」に、思わず涙ぐんでしまった。

きっと、この作者は「家」のことや「家族」のことに深い関心があるのでは

ないかと思った。



わたしは、情(じょう)に脆いのが欠点でもあるし、長所だとも思っている。

だから、即、そんな読み方をしてしまう。

こんな読みは、作者には迷惑だろう。(ごめんなさい。)


ついでに(厚かましくも)、10首目。

菓子箱を組み立てる内職があることを知ったのは、いつのことだったろうか。

この歌を読んで20代半ばの青年が「生活のかて」となしている人のことを

思い遣る精神に、心がふるえた。


作者の山下さんとは数度しか会ったことがない。

そんなに会ったことがないのに、とても身近に感じられるのだ。

孫世代(わたしには孫はいないが…)の山下さんが、いとしい。(笑)


「いろんなところが遠い」けど、山下さん、あなたなら大丈夫。

どうぞ、羽搏いてほしい。

そして、どんなことがあっても短歌をやめないでほしい。


           栞   島田 幸典  「そこに人間がいる」

                花山 周子  「『温泉』の特殊さについて」

                外塚 喬    「こだわりの人」

 


                             2018年8月8日発行

                             2500円+税


 

 

« NHKテレビ再放送「プロ流儀」 2018年8月19日 13::05〜 | トップページ | 季節の便り⑫ クルクマの花 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌集『温泉』 山下 翔   現代短歌社:

« NHKテレビ再放送「プロ流儀」 2018年8月19日 13::05〜 | トップページ | 季節の便り⑫ クルクマの花 »