« 季節の便り ⑭  新生姜の甘酢漬け | トップページ | 歌集『何の扉か』 春日真木子  角川書店 »

2018年9月19日 (水)

「まいにち文化祭 2018」 久留米毎日文化教室

恒例の1年に1度の文化祭がやって来ます。

この日のために文化教室の受講生はたのしみながら頑張ってきました。

概要は以下のようになっています。

どうぞ、みなさまお出掛けください。

      2018年9月24日(月・祝)  毎日文化会館

                      所在地  久留米市東町31-34

                                               (アクセス 西鉄久留米駅より徒歩7分)
      (入場無料)

      11:00〜16:00

      特設ステージ     3F   多目的室

      作品展示     4F     中教室

      茶道お点前   4F     和室


4Fの作品展示では、短歌教室の受講生の短冊・色紙なども展示

しています。そして、合同歌集「ちっご川」ができあがりましたので、

無料で配布いたします。ただし、数に限りがありますので、欲しい

かたはお早目にどうぞ。

薄い冊子ですが、受講生の作品とエッセイを掲載しています。

わたくしも参加しています。



cat      cat

車中より見る沿線には、真っ赤な彼岸花が咲いている。

みんなこの花を忌(いみ)きらうけど、わたしは好き。


    自己愛をつらぬきたまへ曼珠沙華     miyoko





まいとし、蕾をたくさん摘んで帰り、玄関の大きな花瓶に投げ入れを

するのだけど、ことしは余力(笑)がない。身辺が落ち着かないのは

なんなのか。(とりあえず、11月末までガンバル。)

筑後平野の稲穂が色づきはじめ、空の青さ高さに「秋だなぁ」と

感じている。

ことしの、この秋を、堪能したいものだが。

 

« 季節の便り ⑭  新生姜の甘酢漬け | トップページ | 歌集『何の扉か』 春日真木子  角川書店 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/74237555

この記事へのトラックバック一覧です: 「まいにち文化祭 2018」 久留米毎日文化教室:

« 季節の便り ⑭  新生姜の甘酢漬け | トップページ | 歌集『何の扉か』 春日真木子  角川書店 »